FC2ブログ

悲劇か喜劇か 後書別記

後書だけ別記て・・・○| ̄|_
でも書いておきたかったのです。

何だか真面目な内容になってしまいましたが、
一段落ついた記念に。

しかも12本編ネタバレあります。


あ、悲劇か喜劇か<4>にも
後書書いてあります。
この別記とは全然関係無い内容で。 ”その小さな体で、君は僕を励ます”
”その大きな瞳で、君が僕に笑うよ”

悲劇か喜劇かシリーズを書いている時(特に4)に、
ずっと頭の中で回っていた歌詞の一節です。

アニメ版蛙軍曹の嘗てのエンディングなのですが、
歌詞全体がバッシュ目線のパパバッシュ→ちびノアのイメージです。
その中でも↑のフレーズが突出してパパバッシュ→ちびノア。

清浦夏美さんが歌っている
”僕らの合言葉”て歌です。


嘗て国も家族も捨てて出奔したバッシュにとって、
帝国に対抗し得る手段を探すと言う大義名分があっても
その過去を悔いていないと言えば嘘になると思うのです。
離れて初めて家族の大切さを思い知ったと言いますか。

ただ、過ぎてしまった時間は取り戻せないから
今、この先守るべきものを守りたい。
守れずに失ってしまった事の苦しさ、悲しさを忘れずに。

兄である自分を憎み恨む事でしか己を保てない程に
悲痛と苦悩に囚われた弟を自分の目で見て、
それは尚更脳髄に刻み込まれたのではないかと。

だからこそ本編で最期に弟に帝国とラーサーを託された時に
迷わず受諾したのだと思います。

それがバッシュなりのノアへの謝罪の気持ちだったのでは。
(どうあってもバッシュに謝らせたい高槻)

まあ口に出して謝れ!!
ってのが根底にありますけどね~。

そんなバッシュにとって、
ちびノアは取り戻せない時間を補う存在なのです。

補う以上の事はできないけれど、
失ってしまった母の分も、過去の弟の分も、大切にしたい。
両親が自分達を愛してくれた様に
心の底から愛したいし、
誰よりも何よりも愛おしい。

そして親(兄)馬鹿炸裂。
全身全霊で溺愛するよ!!


もう一曲、この話のイメージがありまして。
これも蛙軍曹ですが劇場版のエンディング。
の一節。

”みんなあなたを愛してる”
”みんなあなたを想ってる”

こちらはKiroroさんが歌っている
”みんなあなたを愛してる”
と言う曲。

額面通りに受け取ると”世界中の人”が・・・ですが、
(それでも良いですけど)
私は”貴方を知る人”、”貴方が知る人”全てが、と解釈。

こちらも歌詞全体がパパバッシュ→ちびノア。

人見知りが激しく母親も兄も居ない(実は兄は居るんだけどね)
現状に不安ばかりのちびノアに
大丈夫だよ、怖くないよ。
と抱き締めるパパバッシュ。
・・・な感じ。

↓は蛙軍曹も歌も関係無いですけどね。

”今度こそ私が守るから。”

これがパパバッシュの決意と言いましょうか。
悲喜劇シリーズ(略しました)に
サブタイトル付けるならこんな感じではないかと思います。


思い切り兄のフォローみたいですけどね、
”過去を償う気持ちがある”バッシュを書く事で
それを知ったガブラスが心穏やかになってくれれば・・・
と言うお話です。
ガブラス至上主義!!


兎に角この2曲で悲喜劇シリーズを書きたくなったと言っても
過言ではないのです。


取り敢えず書きたい事は書いた!
満足!!私だけ!!

拍手御礼。PageTop悲劇か喜劇か<4>

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/97-7aee5eda

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム