FC2ブログ

同期とは。

ドレイス×ベルガ(!?)と見せかけて
ドレイス×ガブラス。

でもガブラスの出番は極少。

時系列は・・・やっぱりバハムート戦後?

「だァから!どうして卿は何かと俺を殴る!!」
「・・・・・殴り易いから?」

そんな理由があるか!!

今しがた、
フルスイングで殴り飛ばされたベルガは思った。
物凄く思った。

このドレイスという女性局長、
生まれも育ちも筋金入りの政民貴族で
ベルガ同様高貴な生まれの筈なのに、
兎に角手が早い。

しかも誰でも彼でも殴るわけではなく、
ベルガばかりを・・・と言うより、
ベルガだけを殴る。

喜怒哀楽どの感情に該当してもベルガを殴る。

最初は同期だから・・・?と思っていたが、
それも違うらしい。
何故なら同じく同期の局長だったゼクトは彼女に殴られた事が無い。

今でも親交があるが、
そんな経験1度も無いと随分前に言われた。

ドレイスが殴って来る時は、
素手の時もあるし、
撲殺専用としか思えないあの武器を持ち出してくる時もある。

出会い頭に顔面にブリザドをぶち込まれた事もあるし、
通りすがりに回し蹴りを食らった事もある。

特に話や感情の何れかがガブラスに関わっている時に
かなりの高確率で殴られたり蹴られたりする。

それなのに、4局の局員は勿論、
他の局員局長達も、
ドレイスが惚れに惚れ込んでいるガブラスも、
ドレイスのその”実態”を知らない。

なんと不条理な事か。

いっそ皇帝やヴェインに陳情を申し立てても良い気がするが、
それは流石に己のプライドが許さない・・・というか、
天下のジャッジマスターが女に良い様に殴られているだなんて
言ったら首が飛ぶ。
色々な意味で首が飛ぶ。

「で?今回は何があったんだ?」
「ガブラスが先日潰れた休みの埋め合わせをしてくれたのだ!」

あーはいはい。そんな理由でしたか。
そんな理由で俺は顔を見るなり殴られたのね。

赤く染まった頬に両手を当てて、
嬉しそうに身を捩るドレイスは
ベルガの冷めた目にも気が付かない。

この女性局長様はいきなり殴る様な暴挙に出る癖に、
大層な純情で、
こうして愛しい相手との進捗状況を逐一報告して来る。
暴力と共に。

進捗状況と言っても、相手-----------
9局局長、ジャッジガブラスは筋金入りの仕事人間で
ドレイスを含む世の帝国女性の強烈なアプローチにも
全く気付かない朴念仁。

それなりに長い事ああだこうだと聞いて来たが、
僅かたりとも進展したように見えないのは
多分ベルガの気のせいでは無い。

「ほら、今度新しくレストランが出来るだろう?」
「ああ・・・らしいな。そこへ行くのか?」
「そうだ。何を着ようか・・・いや、折角だから誂えようか。」

そんなこと知りません。
好きにすれば良いでしょ。
だから胸倉掴まないで。

「卿はどんな服が良いと思う?」
「う~む・・・そうだなあ・・・。」

適当に返事をするとまた殴られるから
一応真剣に思案してみる。

思案していると、丁度ドレイスの意中の相手が通りがかった。
ドレイスの表情が見る見る明るくなる。

全く、実に分かりやすいと言うのに
どうして気が付かないのか。

それが朴念仁の朴念仁たる謂われなのだからどうしようもないのか。

「ベルガ。」
「お?おう。」
「ヴェイン様がお探しだったぞ。」
「わかった。」

探して言いに来てくれた、と言うよりは
見掛けたから教えてくれたらしい。

そんなこと、ヴェインから直接言いつかったであろう
誰かに任せれば良いのに。
まあ、気は良いのだろう、とは思う。

しかし。

「卿らはいつ見ても仲が良いのだな。微笑ましい事だ。」
「「・・・・・・・・!!!」」

何気ないガブラスの言葉に
2人同時に引き攣った。
そして凍りついた。

咄嗟に逃げようとしたベルガのマントをドレイスが鷲掴みする。
不幸な事にガブラスからそれは見えない。

同期だからな。良くして貰っている。」
「そうか。」

満面の笑顔で”同期”の部分を強調するドレイスに
ベルガは泣きたい気持ちでいっぱいだった。

何故なら。

マントを掴む手が小刻みに震えていたからである。
明らかに怒りで。
それもベルガに対する。

その場を去るガブラスの背を見つめながら
ベルガは歯の1本や2本、覚悟しなくてはなるまいと
諦念の深い溜息を吐いた。


そんなわけで同期コンビとガブラスの仕事の合間の1コマでした。

ベルガがドレイスに手を出せないのは
完全に勢い負けしているから。
ほら、彼も属性は”犬”だから上下関係・・・ね?
多分アカデミー時代に何かあったんじゃない?

皇帝暗殺事件の時の彼?
ほら、あの時はヴェイン様がいらっしゃったから。
強気に出れました。
でも復帰後、ボロクソに殴られました。

”ガブラスになんて事させるか!!”
的な理由で。
命じたの、ヴェインなんですけどね。

あ、もう1人の同期、ゼクト・・・レダスは
2人の関係(笑)を良く知っています。
ドレイスの気持ちも良く知っています。
朴念仁の筋金入りっぷりも良く知っています。

彼が現役局長時代は同期トリオとして一緒に飲んだり遊んだり。
今も続いているのかもしれませんが。

ベルガとドレイスの言い分を聞いて纏めたりフォローしたりの
お兄ちゃん的ポジション。
公式で面倒見良いし。

日記と言う名の雑記。PageTop作品予定。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/86-858dd249

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム