FC2ブログ

帰る場所。

なんとなく気になって。

獅子の記憶は公式で殆ど無いですよね?
武人は?

つまりそんな話。

あ、ちゅーしてます。閲覧注意。

コスモスが斃れて。
不安定な世界はより不安定なものとなった。

そして不安定な年頃の青年もまた。


彼がガブラスの領域を訪れる様になってからそれなりの時間が経過していた。

最初は互いに大袈裟なほど警戒して、
今は少し気を抜ける程度には相手を知った。

混沌の駒である事を辞めたガブラスにとって、
コスモスの戦士で獅子の二つ名を持つ彼------------
スコール・レオンハートをどうこうする気は無く、
また、スコールにも敵意の無いガブラスを
手に掛けるつもりは無い様だった。

しかし他人に興味の無さそうな青年は
たまにと言うには少し回数が多い頻度で
混沌の果てを訪れていた。


「・・・あんたは、どれぐらい覚えている?」
「元居た世界のか?」
「ああ。」

真顔で、と言うよりも、
自分と同じくらい表情を動かさない青年は
しかし真剣ではあるらしい。

スコールには年相応には見えない落ち着きがある。

実際ガブラスが持った彼に対する第一印象は
成人して、それなりに時間が経過しているものだったが、
幾度か会話を重ねるうちに歳を聞いて本気で驚いたものだ。

しかしその一方で年相応の不安定さも確かにあって。

「俺に残っている記憶がどの程度なのか証明する術が無い。」
「ならあんた自身はどう思う?」
「・・・全て、だな。」

ガブラスの返答に、スコールは一瞬大きく見開いた目を伏せた。

彼に記憶が殆ど無いと教えてくれたのは誰だったであろうか。

コスモスであろうと、カオスであろうと
それぞれの戦士達がこの世界へ持って来た記憶には個人差があるらしい。

その中でも、スコールの記憶は特に少なかった。

日常的な生活を送る上で不自由は無いらしい。

しかし、傭兵の特殊部隊出身である事。
その特殊部隊を指揮していた事。

後は誰が見ても特殊だと断言できる武器、
ガンブレードの扱い方を知っている事。

分かるのはそれだけ。

ガブラスにしてみれば、
記憶など、欠片も残さず消えてしまえば良いと思う。

何もかも無くなれば、
ここまで誰かを憎む気持ちも、
果てない虚無感に囚われる事も無くなる。

「思い出したいのか?」
「・・・わからない。」

曖昧な、返答。
ガブラスは苦笑いをした。

意識しているのか無意識なのかは知れないが、
この世界で共に過ごしている仲間達に気を使っているらしい。

他人に興味の無い振りをして、
その実他人の温もりを渇望する。

「・・・何が可笑しい?」
「別に。子供は大変だな。」
「・・・子供扱いするな。」
「子供だ。」

敢えて低い声を出して訂正を求めるスコールに、
到頭堪え切れず笑い出したガブラスは即答した。

どうしてもこの年頃は大人に憧れるらしい。

体格ばかりが大人と同等になって、
精神面が追いつかない事が不満なのだろうか。

大人になれば子供には戻れないと言うのに。
見たくないもの、見なくて良いものばかり突き付けられると言うのに。
そして、逃げられないと言うのに。

子供であるのならその幸福を噛み締めれば良い。

”子供の頃は楽しかった”と
必ず後悔するのだから。

「子供じゃない。」
「子供だ。」

あまり表情に動きは無かったが、
明らかに気分を害したらしい獅子はガブラスの腕を掴み、
思い切り引っ張った。

バランスを崩し、前のめりになったガブラスの唇に柔らかいものが触れた。
目を見開くと、目の前には伏せられたブルーグレイの瞳。

我に返って、スコールを突き飛ばすと
しかし腕を離さなかった手に再度強く引かれ。

「おい!」
「あんたが悪い。」

早口で交わした僅かな応酬の後に唇は再度重なった。
今度はすかさず舌が潜り込んできて、
不快感に眉が寄る。

奥へと逃げても”それ”は執拗に追って来た。
飲み込めない唾液が溢れて顎を伝う。

結局、逃げ切れる訳も無く、
敢え無く捕らえられれば先を突かれ絡みつかれ。

「っ・・・は・・・・・。」
「・・・これでも子供と言うか?」

漸く2人の距離が僅かに開いた時には
息が上がって文句も言えない。

似た様な、しかし僅かに違う色合いの瞳に覗き込まれたガブラスは
深い溜息を吐くと、赤くなってしまった顔を手で覆った。


武人:そもそも何故俺なんだ?コスモスにも女子が居るだろう?

獅子:ティナか?彼女は不可侵領域だ。それが暗黙のルール。

武人:・・・それにしても俺を求める理由がわからん。

獅子:あんただけだ。狙ってるのは俺だけじゃないぞ。

武人:・・・・・・(深い深い嘆息)。

獅子:うっかり他の奴に押し倒されたりするなよ。
   あんた、特に年下に甘いんだから。
   周り、年下だらけだからな。

武人:・・・・・・・・・(更に深い嘆息)。


36って・・・ちょっと結婚早ければ獅子ぐらいの歳の子が居てもおかしくないよね!!


ところで獅子も武人も瞳の色はブルーグレイ。
個人的に武人の方が灰色味が強くて、獅子の方が青味が強いイメージ。

他愛も無い日常<3>PageTop拍手御礼。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/75-97fe9e78

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム