FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF7インターナショナル版プレイ日記<22>

<21>の続き~。

ネタバレしてますよ~。






ガスト博士。

神羅の、宝条をも上回る研究員で、
なのに話に聞く他、
会った事も、
どんな人なのかも良くわからなかったある意味伝説の人。

神羅の人間にしては珍しく”まとも”。

それぐらいしかわからなかった人がどこでどんな暮らしをしていたのか、
アイシクルロッジで知りました。

そうか、エアリスのお父さんだったんだ・・・。

戦闘能力なんて無いのに奥さんと子供、守ろうとしたんだ。

宝条ガッデーム!


その後村の中をうろうろしていたらイリーナが来たし。

この間よりちょっと賢くなってる?

あ、そう言えばツォンさんどうしたんだろう?

あの神殿で生き埋めになったの?

イリーナは消息を知っている様子だけど。

うーん・・・ツォンさん、好きなんだけどなあ・・・。

スノボを入手したので雪山を滑走してみました。

こう言うの、苦手なんだよなあ・・・・。

無駄にジャンプしてみたり。

ぴょい~ん。


大氷河の中で散々迷子になりました。

広いわ似た様な景色ばっかりだわ・・・orz

できる限り攻略本見ないで進めようと思っているので、
どうにもならない限りは解体新書を手にしないのですが、
今回ばかりは解体新書を膝に乗せて取り組みましたとも。

何べん行き倒れたか。


絶望の壁を登りました。

延々登りました。

どこまでも登りました。

た・・・高い・・・!!

内部に入るとホッとする緊迫感。

そして途中にあるセーブポイント。

良し良し、一旦セーブしておきましょうかの。

何も考えずに先に進んで、
吹っ飛ばされて来る黒マント男。

え?

何事かと思っている間に始まる「更に戦う者たち」

え??

なんか出た~~~ッ!!!

ツ…ツインヘッドなるモンスターだそうです。

結構強かった。

でも勝った!

I'm Win!!

そして高い高い壁を越えて竜巻の所へ。

黒マントの人たちを横目に見ながら進んだ先には・・・
セフィロス!

見るなり激昂するクラウド君。

そりゃあなあ。

エアリスの敵だし?

個人的にはザックスが死んだのも、
クラウドが魔晄中毒起こしたのも元を糺せばセフィロスのせいだと思う。

話を戻して。

セフィロスを倒すぞ!

気合を入れたら出て来たのはジェノバDETH。

えぇ~~~っ!?

ま・・・・待った!
装備とか全然・・・おぎゃーっ!!

な・・・何とか勝ったですけど・・・・、
すっごい冷や冷やしましたよう・・・(ノД`)

ジェノバの音楽格好良いけど・・・。

・・・ん?
セフィロスがジェノバになった・・・
じゃなくて、
ジェノバがセフィロスに化けてたのか!

すごいなジェノバ!!

で、手に入れた黒マテリア。

バレットに預けたのですが、
その後みんなが打倒セフィロス!
・・・と燃える中、
1人

「休ませてくれ。」

サボる気満々の艇長。

艇長・・・頑張ろうよ、
そこは頑張ろうよ・・・。

進んで行ったら視界がホワイトアウト。

驚くティファに冷静なクラウド。

「セフィロスが近くに居るんだ。何が起こっても不思議じゃない。」

・・・セフィロスって、何?


FF7インターナショナル版プレイ日記<23>PageTop日記~と更新予定。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/708-29429835

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。