FC2ブログ

悲劇か喜劇か <3>

悲劇か喜劇か<2>の続き。

ダルマスカに移動しましたよ~。

ダルマスカに戻って。

事前の連絡である程度事情を聞いていたアーシェは、
王宮専用の飛空艇発着場出入り口で仁王立ちをしていた。

明らかに御立腹の様子にウォースラが思わず目を逸らす。

隣の同僚は幼くなってしまった弟の手を引いて談笑しながら歩いていた。
全く、良い気なものである。


「先ず、事情をお話しなさい。」
「は・・・端的に申し上げますと、ドクターシドの実験が失敗しまして・・・。」
「それにノアが巻き込まれたと。」

アーシェがちらりとバッシュの足元に視線をやる。

並々ならぬ迫力に幼子はバッシュの脚の後ろに隠れたままだ。
太い腿にしがみついている小さな手しか見えない。

「それで?どうしてうちで預かるの?」
「ノアが私が居ないと泣き通しで。」
「帝国にこいつを置いて来る訳にもいかないでしょう?」

重臣2人の身振り手振りを交えた説明を聞きながら
アーシェがバッシュに隠れた子供を見ようと覗き込む。

しかし小さなガブラスはバッシュの脚に顔を押し付けたまま、
決して動こうとはしなかった。

見る見るアーシェの眉間に皺が寄る。

(ほら見ろ、怒り心頭じゃないか。)

ウォースラは内心大きな舌打ちをした。

バッシュは平気だと軽く笑っていたが、
我らが主君は受けた屈辱を早々忘れる人物では無い。

「ノア?御挨拶をしよう?」
「・・・・・・・。」
「大丈夫だよ、ノア。アーシェ様はお優しい方だから。ほら・・・。」

バッシュの大きな手が小さな頭を撫でる。

それに促される様に、しかし恐る恐る”ノア”が顔を脚の後ろから出した。
手はやはりバッシュのズボンを掴んだままだが
意を決したようにアーシェを見上げ-------------

「は・・・はじめまして。あーしぇおねえさま。」
「あ?」
「----------------!」

思わぬ挨拶に唖然とするウォースラ。
頬を一気に赤く染めて仰け反るアーシェ。

「もうっ可愛いなあノアは!!!」
「ノア!お姉様が美味しいお菓子をあげましょう。」

思わず弟を抱き締めたバッシュの腕からノアを強奪したアーシェが
この上ない頬笑みを向ける。

驚いたノアは大きな瞳を瞬いていたが、
バッシュが促すと、はにかむ様な笑みを浮かべた。
見知らぬ相手に歓迎された事に安堵し、
”美味しいお菓子”が気になったらしい。

「あ、アーシェ様。赫々然々なので暫くは名字で呼んで下さい。」
「構わなくてよ。さあノア、いらっしゃい。」
「あの・・・とう様は・・・?」
「大丈夫。お仕事が終わったら迎えに来てくれるわ。
 それまでお姉様が一緒よ。」

機嫌が180度反転したアーシェが足取りも軽くノアの手を引く。
ノアは暫し不安げにバッシュを振り向いていたが、
バッシュが頷くと頷き返し、前を向いた。

「ああもう本っっ当、ノアは可愛い!」
「それはもう良い。どうなっているんだ?一体。」

アーシェは一度機嫌を損ねると中々それを直してくれない。
それがあんな一瞬芸の様に変わるとは。

「ああ、ウォースラは経験無い?」
「何が?」
「アーシェ様、一番末の御子でしょう?だから弟とか妹とか、
 自分を”姉”と呼んでくれる存在に憧れているんじゃないかと思って。」

まさかそんな理由で。
絶句するウォースラをバッシュは笑った。

「ラーサーにしてもそう。彼も末子だから弟か妹が欲しかったんだと思うよ。」

帝国でのラーサーの様子を思い返して、ウォースラは何度か頷いた。
だからあの少年はあんなにも熱心にノアを見ていたのだ。

「私はノアがいたから他に兄弟なんかいらなかったけれど、
 ノアにも弟妹を欲しがった時期があったんだ。」
「成程・・・な。俺は1人っ子だし、特に何か不自由した覚えも無いからな。」

そんなこと、思いもしなかった。

外に出れば近所の子供らが当たり前の様に遊んでくれたし、
家に帰れば両親が温かく出迎えてくれて、
召使いたちが何もかもを用意して待っていて。

「・・・ったく、飛空艇の中で何を熱心に教え込んでるのかと思えば・・・。」
「あはは。ね?上手くいったでしょう?」

笑う同僚を軽く小突く。

「さて、今日は定時で上がらないとな。」
「俺は手伝わんぞ。」
「え~っ、そんなケチくさい事言わないでさ。」
「誰がケチだ誰が。やる気になれば何とでもなるだろう。」
「そのやる気が中々出ないんだよね。」

大袈裟に嘆息したバッシュが肩をすくめる。

下らない軽口の応酬に、気がつけばウォースラも笑っていた。
気が抜けたのかもしれない。

将軍2人の笑い声は、暫し途切れる事は無かった。

→<4>


ウォースラは1人っ子だと思います。
溺愛されて育てば良い。

アズラス家って名家ですよね?
代々ダルマスカ王家に仕える家とかってアルティマニアに書いてあったし。

12は良いトコの出のキャラクターが多いと思います。

旅人×武人<3>PageTop”オリジナル”の

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/64-752dd660

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム