FC2ブログ

些細な。

バハムート戦後、少し経ってから。
みんな休日。

素朴だけど洒落にならない疑問。

誰か私に上手いタイトルの付け方教えて下さい・・・。
自分で付けて意味不明って・・・○| ̄|_

「あのさあ、バッシュとガブラスって、どっちが強いの?」


始まりはヴァンのその一言だった。

名指しをされたバッシュは床に座り、弟の脚の間で呑気そうな顔を上げ、
ソファに腰掛けているガブラスは纏めている最中の兄の髪が手の中でばらけて
急に動いたバッシュの頭を軽く叩いた。

「バッシュ、結べない。」
「あ、ごめんノア。」

全く動じていない双子の声に凍りついていた時間が流れ出した。

ところで素朴な少年の何気ない疑問は、
部屋に居た大人数人の精神を一瞬で凍結させたわけだが。

「お前・・・要らん事言うな。本当言うな。」
「え~っ・・・・何でだよ?気になるじゃん。2人とも強いだろ?」
「だァーーーーッ!!」
「あいてっ!」

わなわなと震えるウォースラに襟首を掴まれたヴァンの後頭部を
バルフレアが容赦なく一喝と共に叩いた。

端的に言うと、バッシュとガブラスの兄弟喧嘩が元で
ダルマスカは滅亡の憂き目を見たのだ。

その騒動に翻弄された者の身としては
不要な火種の投下は願い下げだった。

ウォースラとバルフレアが恐る恐る双子の様子を伺うと、
ガブラスが纏めたバッシュの髪を結び終えた所で。

「伸ばし過ぎだな。」
「ダルマスカでは結んだ方が涼しいんだよ。」
「短くした方が良いと思うが。」
「ノアと見分け付かなくなったら皆が困るでしょう?」
「一緒に住んでいる訳で無し、誰も困らん。それに額の傷跡を見れば一目で分かる。」

上機嫌そうに見上げるバッシュに、ガブラスが溜息を吐く。

「ガブラスさん、パウンドケーキ、そろそろ焼けますよ。」
「なら茶の支度をするか。」
「あ、棚に上物のアールグレイがあるよ。この間ミゲロさんに貰ったんだ。」

パンネロの明るい声に腰を上げたガブラスの動きを
ウォースラとバルフレアが見守る。

どうやら双子揃ってヴァンの小さな、しかし大きな爆弾となり得る疑問は
印象に残らなかったらしい。


焼き上がったパウンドケーキと、淹れたての紅茶の芳香が部屋に満ちた。

ヴァンも目の前のおやつに気を取られて先程の疑問は露と消えたらしい。

実際、ガブラスとパンネロ合作のケーキは
柔らかい生地に練り込まれたドライフルーツの程良い甘さと、
ナッツの僅かな塩味と歯触りが絶妙で美味かった。

ガブラスに兄を殺されたも同然のヴァンは
戦争終結後、ガブラスがダルマスカの地を踏む事にかなりの抵抗を持っていた様だが
今やすっかり餌付けをされて嘗ての不機嫌さなどおくびにも出さない。

その割り切りと切り替えの早さは感嘆に値するが、
一方で考え無しに飛び出す爆弾発言は頂けない。
それも今はもう過ぎた話なのだ。

ゆったりと過ぎる時間に美味い菓子。
平和の何と素晴らしい事か。

「ん~・・・やっぱり気になる。な、どっちが強い?」
「「アホンダラーーーーーーッ!!」」
「もうヴァンったら。食べながら喋ったらお行儀悪いでしょう?」

パンネロが笑いながら注意をする。
笑い事では無いのはウォースラとバルフレアだ。

「ノアじゃない?」
「バッシュだろう?」

双子が同時に答えて、同時に顔を見合わせる。

「・・・大灯台とバハムートで負けたじゃないか。」
「ああ、だってあれは頑張ったのバルフレアとヴァンだもの。」
「くぉらァッ!!てめえ頑張って無かったのか!!」

スパァン!

バルフレアが丸めた新聞紙でバッシュを叩いた。
実に小気味良い音がする。

手近にあったのが新聞紙だったから仕方が無いが、
鈍器があったら迷い無くそちらを選んでいた。

これはバルフレア本人の後日の言葉である。

「いたた・・・だって、ノアが怪我したら嫌だし。」
「”嫌だし”じゃないだろ!?
 お前、俺とヴァンがガブラス倒すのにどれだけ苦労したと思ってんだ!!」

大体ガブラス1人に大の男--------------
それもある程度戦闘の経験を持つ者が3人がかり(実際は2人だったが)で
最早誰が回復して誰が攻撃しているのか把握しきれない程
必死になってやっとこさっとこ倒したと言うのに
とんでもないカミングアウトを聞いた。

あの2度に渡る戦いだって、
ガブラスがバッシュに対する怒りで平常心を失っていなければ
勝てたかどうか。

戦闘後、控えのメンバーに回復して貰えなかったら
2人とも今頃墓の下だったかもしれない。

「でも、私はノアの方が強いと思うよ。」
「さあ。どうだろうな。」
「ノアは謙虚だなあ。」

引きつっている空賊と将軍の目の前で当の双子は平和なものだ。

「もうどっちが強くても良いから・・・」
「「お前らは2度と喧嘩するな。」」

揃ったウォースラとバルフレアの声に
双子とヴァンは顔を見合わせた。


・・・バルフレアとウォースラは
こんなキャラじゃないわーーーーーーッ!!
とお怒りの皆様、申し訳ありません。
まず謝る。

実際どうなんでしょうね。双子。
どっちが強いんだろう?

ちなみに大人2人が危惧していたのは
双子が、どっちが強いか試してみよう!から始まって
負けず嫌いか意地の張り合いかが発動して
再度喧嘩になったりしたら・・・という済し崩しのパターン。

まあ双子共に良い大人ですからそんな沸点低くないですけど。
兄が弟溺愛していますし。

個人的にはパワーはバッシュ、技術はガブラス優勢な感じがします。
足して割ったら丁度良い・・・みたいな。双子だし。

どっちにしても双子揃ってその気になったら国の1つや2つ
壊滅させられるだけの実力と権力があると思います。
エリート双子。

ちなみに自分がプレイした時は遊び過ぎてLv80前ぐらいで大灯台行ったので
圧勝でした(笑)
バッシュ、ヴァン、アーシェの3人。
一応ガブラスに因縁がある面子で。

あ、ノアは料理も上手ですよ。
勿論味付けがランディス風なので
バッシュはノアが来ると何かしら強請って作って貰います。
で、いつの間にか皆集まって御相伴に預かっていると。

ひとりごと。PageTopものすごく・・・・!!

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/57-b818b3b8

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム