FC2ブログ

帰宅。

勝手な話で申し訳ございませんが、拍手の御礼は明日とさせて頂きます。御了承下さい。


入院をしていた長老(猫)が帰って来ました。


愉快な話では無いので閲覧される場合は御注意を。

今後も長老の話は出て来るとは思いますが、
その記事限りなので作品は予定通りUPするし、その他の日記も普通に書きます。



今週週明けに黄疸が出て入院をして、
血液検査の結果が悪いばかりで入院していても自宅療養をしていても変わらないからとの理由で退院しました。

猫に黄疸?て思われるでしょうが、
耳とか口の中とかが真っ黄色なのです。


入院前、どうにも食べられなくて病院へ行ったのですが、
精密検査をしてみたら肝臓にカルシウムが詰まってしまった事による黄疸と食欲不振だと言われました。

とりあえずカルシウムを押し出す薬を投与してみたものの数値は変わらないどころか上がる一方。

しかしここ数日食欲は少し出た様で、ペースト状の食事は少しずつですが食べる様になりました。

15歳と高齢なので手術をしてカルシウムを取り除く事も出来ないので投薬&通院でどこまでいけるかと言うのが現状。

血液検査の数値だけ見ると最期を迎えるのは時間の問題と言うぐらいひどいものなのですが、
入院中から長老は食べるし毛繕いはするし撫でればゴロゴロも言う。

薬の時は嫌がって暴れるし。

これには獣医さんも驚いていて、
望みはあるかもしれない、と。


実はこの”望みはあるかもしれない”が厄介で、
以前その言葉に縋って末期癌の猫をなんとか回復させたいと色々延命治療した結果、
苦しむだけ苦しませて死なせてしまった経験があるので本当にどうにもならない様だったら苦痛の無い様にだけしてもらって延命治療は断るつもりでした。

そういった経験を踏まえて去年矢張り癌で亡くなった猫の延命治療は断ったのですが、
長老は・・・どうだろう?

本人(本猫?)の意思を聞ければ一番良いのですがね。

もしも乗り切ってくれるのならそれはとてもとても喜ばしい事だし、
もっともっと長生きをしてもらいたい。

でも、駄目なのなら可能な限り苦しまないで逝って欲しい。

我儘なのです、高槻は。


嫌がるだろうけれど定期的に血液検査をして、
望みが薄いのなら考えようかと言う結論で私は落ち着いたのですが、
こういった重大な選択肢の前ではいつまでも優柔不断になる旦那様は延々思い悩んでいる模様。

うん、がんばれ。

私は長老が苦しまないのならそれで良い。

覚悟はできているから。

でも心臓付近が痛いんだよね~・・・(苦笑い)
肋間神経痛と神経性胃炎と偏頭痛は長い付き合い。

無理矢理前向きに考えようとすると時々こういう弊害が出る。
慣れているから寝て覚めれば治っているだろうけれど。

気が強い割には実は打たれ弱い。
私の所のキャラクターにヘタレが多いのは私がヘタレだからです。


さて!
溜めていたものも吐き出したし、明日は通常運転(?)でいきます!

長々とお付き合い下さいましてありがとうございました!

拍手御礼。PageTop日記~。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/362-e3b1c9c5

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム