FC2ブログ

夢。

DFF全キャラクター×武人の第2弾。


夢を見る事がそんなにも悪い事なのだろうかと問うたら、
男は鼻で嗤って、夢は寝ている時に見るものだと冷たく言った。

そんな事は無いと喰い下がれば男はひどく冷たい目をして、
生意気な口は俺に勝ってから叩けと返された。

男とはもう何戦戦ったかわからない。

今の所、情けないかな全戦全敗。

直情型で、感情の波が思い切り攻防に出てしまう己に対して、
年の差の分長く戦いに身を置いて来た男の戦いぶりは他を圧倒するそれで、
今日明日勝てる見込みが立つかと自分に問うても出る答えはいつも同じだった。

それでも、諦めたくない。
例え時間がかかっても。
それが己の信念であり美学なのだ。

言ったら、男はもう1度鼻で嗤った。

ただ、その深い色の瞳はどこか悲しそうに見えた。


男は、幾度挑まれても己の命を奪うような事はしなかった。
それは己の属する混沌の神の意図に逆らっていると知っている筈なのに。


「フーリオ!フリオ?おーい、フリオニール~?・・・のばら~?」

幾度か問いかけても反応無し。
ティーダは首を傾げた。

武器の手入れをしているフリオニールは確かに手を動かしているが、
その目は武器を見ている様には見えない。

武器の向こうの、ティーダには見えないどこか遠くを見つめて心ここに非ずと言った様子だ。

「どうしたの?」
「あ、セシル。フリオが変なんだ。」

にぎやかなティーダの側へ立ったセシルが言われるままに茫洋と武器の手入れを繰り返しているフリオニールに視線を向ける。

「・・・確かに最近のフリオニール、少し変かもね?」
「だろ~?良く居なくなるし。帰ってきたら生傷だらけだし。どこ行ってんのかなあ?」

腕組みをしながら悩むティーダを小さく笑いながら、
セシルはフリオニールの肩に手を置いた。

「わあっ!?」

文字通り飛び上がったフリオニールが慌てて振り向いて、
セシルとティーダに気付いて目を瞠る。

「なんだ?どうした?」
「うん、フリオニールが最近変だなって思って。ティーダも心配しているよ?」
「そ・・・そう・・か・・・・?」
「そうッス。」

即答したティーダにフリオニールは幾度か口を開閉して、
結局俯いてしまった。


「ふーん、つまりのばらはその人が好きなんだろ?」
「どうしてそうなる!?気になると言っただけだ!」

ティーダの直截的な物言いにフリオニールが耳まで赤くなった。

セシルにしてみれば見ているだけで面白いが、
このまま面白がっていたらフリオニールは悩む一方だし、
コスモスの戦士全体の士気にも関わる。

苦笑いをして、
他愛も無いやり取りを繰り返す青年と少年を制したセシルは、
僅かに首を傾げてフリオニールに視線を向けた。

「兎に角さ、その人と1度、腹を割って話してみたらどうかな?」
「は・・・・腹を割って?」
「そう。その人の考えが気になるんでしょう?でも聞けないから悩んでる。だったら聞いてしまえば良いんだよ。」

至極当たり前のアドバイスに、フリオニールは目を見開いて数秒固まった。

どうやら結構な時間を悩んだ割にはそういった考えは出て来なかった様だ。

「・・・わかった。聞いて来る。」
「今ッスか!?」
「すぐ戻るから!」

手を振りながら駆けて行ったフリオニールの背を見送って、
ティーダとセシルは顔を見合わせる。

「え~・・・すぐ戻るとか・・・そう言う問題?」
「彼にとってはそう言う問題なんでしょう。」

セシルの答えにティーダはこくりと頷いた。


騎士と夢想はフリオの相手がどこの誰だか知らないまま。

で、フリオは武人がカオスの駒だと思っているけれど、
武人はもうカオスの為に戦うのを辞めた後です。

でも来るし、挑まれるから受けて立つけど
命まで取る理由も無い。


さて、フリオは思い立ったら即行動。
単細胞です。

武人はフリオぐらいの歳にはもう夢も何もかも外的要因で潰されてしまったので、
夢だの未来だの言うフリオの第一印象は青臭い若造。
つまり良くは無かった。

でも嘗て自分もそうやって足掻いていた時代があって、
フリオはフリオで頑張っているのだからと最近は達観したというか諦めたと言うか。

結局年下には甘いのです。

で、武人と話をしに行った義士は話が変な方向に転がって行って、
あれ?オレ?・・・いやいやいやいや、相手は同性だしカオスだし!?
みたいな事になって自滅するか暴走するかと。

うん、武人ガンバレ。

日記~。PageTop日記と更新予定。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/331-eceadc97

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム