FC2ブログ

8月拍手文

拍手文を9月用に入れ変えましたので。

「意外に悪くないもんだ。」
「ぱっと見、もっと暑いかと思ったがな。」

”ユカタ”なる古代栄えた東国の民族衣装に袖を通した局長達は、
思い思いに好みの酒を傾けながら夜空を見上げた。

次々打ち上げられる大輪の花火が暗い空に煌めき、
そして儚く散って行く。

ダルマスカで盛大に行われた夏祭りのクライマックスは
2万発を超える大規模な打ち上げ花火だった。


是非ロケ地に、と女王直々に誘われ恐る恐る行ってみたが、
帝国とはまた違う穏やかな国柄に雰囲気も自然と和む。

今回は適当に空を見上げたり、
手持ち花火で遊んだりしていれば
カメラマンが勝手に撮ってくれるのだから、
過酷と言って差し支えない今までの撮影より、
遥かに気が楽で、そして楽しめた。

それは帝国は勿論、ダルマスカの民にも言える事で、
それぞれが多いに楽しんでいる姿を見てとれる。

「良いわね。」
「ええ、良いですね。」

一方、アーシェとラーサーは同じくユカタを身に纏い、
意気投合しながらも華やかな夜空を見上げている訳では無かった。
特にアーシェは持参したカメラを構えてはシャッターボタンを押している。

彼らの視線の先には。

「あ!見ろガブラス!ハート型だ!」
「今年は特に手が込んでいる。」
「さっきは星の形もあったね、ノア。」
「ああ。」

ガブラスの右に後ろ髪を結んだバッシュ、
その隣にウォースラ、
そしてガブラスの左にはドレイスが共にユカタ姿で天を見上げていた。

この4人は特に国内外問わず高い人気を誇っており、
ダルマスカでも帝国でも結構な数のグッズが出回っている。

「水着姿は結局見れませんでしたがこれも悪くないものです。」
「ちらりと見える襟足、胸元、袖口そして裾周り・・・・!!
 まさにチラリズムの極意を全て踏襲していると言って過言ではないデザインだわ!!」
「特にガブラスは私服も露出が殆ど無いですからね!!」

(ユカタとは何と素晴らしい衣装なのか・・・!!神様ありがとう!!ファーラム!!)

ガッツポーズをする君主2人と取り巻き達。
感謝をする所はそこかとは思っても誰も口にしない。

当の本人達は夜空に気を取られて
気付いた様子が無いのがせめてもの救いである。

一部で妙な邪念が渦巻いてはいたが、
華やかで賑やかな夜は人々の心を楽しませながら更けていった。

余談だが。
アーシェが撮り溜めた写真は瞬く間に売り捌かれ、
立派なダルマスカの国益となったと言う。


句読点を多少入れた以外はまんま掲載です。

浴衣ねえ・・・着てみて思ったけれど、
あれは傍目に涼やかなだけだね!

女性浴衣の華やかさもさることながら
男性浴衣の渋さも格好よいと思います。

君主2人の盛り上がりっぷりが尋常じゃ無い。
彼らの近辺だけ黒いオーラが漂ってるんだよ!!

現在過去未来<2>PageTop拍手文変更。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/284-bbd9c841

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム