FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味。

英雄×武人でほのぼのに挑戦。
思い立ったとです。

あわよくばどれかのお題に沿えば・・・と思ったのに、
どのお題にも掠らなかった。


セフィロスが彼の者の領域を訪れた時、
ガブラスは珍しくインナー姿で己の装備品の整備をしていた。

重装備姿しか見た事が無かった為に、
軽装なのが実に珍しい。

これならあの装備品の数々を外す手間が省けて楽だとか下らない事を考えながら歩を進める。

近付いてもガブラスは顔も上げず黙々と防具を磨いていた。
無視をしているのか、
本当に気付いていないのか。

暫く様子を見ていたセフィロスは、
試しに背後に座ってみた。

ガブラスの背を跨ぐ形になったが、
視界に入っているはずのセフィロスの足をちらりとも見ない。

「・・・・おい。」
「うるさい。」

即答だった。
それきり引き結ばれた口元が動く気配は無い。

細工が細かい防具を丁寧に磨く手も珍しく素手で、
普段包んでいる手袋は傍らに揃えて置かれていた。

武骨だが白く長い指が器用に動く。

試しにその手を掴んでみたが、
すぐに振り払われた挙句にぴしりと軽く叩かれた。

邪魔をするなと言う事らしい。

セフィロスは漸く合点がいった。

ガブラスは集中しているのだ。
整備に。

そこまで真剣に取り組まなくてもと思うが、
几帳面と言うか神経質と言うか。
まあ外見通りの性分なのだろう。

目の前の、しかし僅かにしか見えないうなじに鼻を寄せてみる。

鬱陶しかったのか、ガブラスは少し前にずれた。
振り返りもしない。
いつもの様に怒りもしない。
ただ、延々と装備品を見つめている。

「・・・・・・・・・・・。」

面白くなってきたセフィロスはガブラスの腰に腕を回した。

少し力を込めて引き寄せると、
戦う為に鍛え抜かれた、しかし一切無駄の無い筋肉の弾力を感じる。

セフィロスに凭れかかる様な恰好になったガブラスは翳した防具を見上げた。
何度か手の中で反転させて、
満足したのか地面に置いて別の防具を手に取る。

「おい。」
「気が済んだのか?」
「もう少し下がれ。」

やっと口を開いたと思えば命令が下った。

何となく従ってみると、
改めて寄りかかって来たガブラスが黙々と新たな防具を磨き始める。

「・・・・・おい?」

なんとなく合点がいかずに意図を問おうとすると、
顎の下にあった枯れ草色の髪が徐に動いてセフィロスを見上げた。

「うるさい。椅子が口を利くな。」
「・・・・・・椅子?」

セフィロスが呟いた時には既にガブラスの意識は装備品に向いた後である。

(・・・・・・整備が好きなのか?)

素朴な疑問を解決する為、
今暫くガブラスの様子を伺ってみる。

やがて先程と同様に防具を翳して幾度か反転させながら整備の成果を確認したガブラスは、
どことなく満足げな溜息を吐いて先に置いた防具に重ねて置いた。

(・・・好きなんだな。)

分かりにくいが気難しい男はいつになく御機嫌らしい。

次は何を磨くのかと思ったが、
磨き布を畳んで置いたガブラスが徐に腰を上げた。

咄嗟に腕に力を込めて引き留める。

どうやら今の防具が最後だった様だ。

「?」
「気が済んだか?」
「・・・セフィロスが居る。」

振り向いたガブラスが呟いた。

(今気が付いたのか。)

先程、明らかにセフィロスを見て話していた様に見受けられたが、
どうやら認識されていなかったらしい。

セフィロスに込み上げて来る笑いを押さえる気は無かった。

肩を震わせる程度のものがやがて明らかな笑い声と変化する中、
ガブラスは不思議そうにその顔を見つめていた。


うちの武人は整備好き。

試しに英雄とほのぼのさせてみました。
でもほのぼのしているのはここまで。

英雄「面白いな、お前。」←テンション急上昇
武人「は?何が・・・ギャーッ!?何故服を剥ぐ!!」
英雄「お前の気が済むまで待ってやったんだ。有り難く思え。」
武人「何が!?ぎゃあっ!?変な所触るな!!」
英雄「♪」←聞いてない。聞く気も無い。

結局そうなる。
うっかり軽装備だったしね。

あ、武人が英雄に座る位置をずらさせたのは寄りかかった時の傾斜を調整したかったから。

たまにはちょっぴり我儘な武人。

可愛い武人を目指したのにどこを見ても可愛さの欠片も無い。
36歳を捕まえて可愛いってのは無理があるのか・・・。
そもそも私の頭で”可愛い”ってのが無理なのか。
うん、納得!

変更しました。PageTop更新予定。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/280-24a0862a

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。