FC2ブログ

未知と既知<3>

<2>の続き。

局長達の10代って、
実は想像がつきません。

残る2人からミスリルソードを抜き取ったガブラスが1本をドレイスに差し出した。
自分は同じ物を左手に握って刃の状態を確認している。

「直に仲間が来る。その前に突破するぞ。」
「突破って・・・相手は1人2人じゃないんですよ!?」
「無理なら死ぬだけだ。どの道ここに居ても生き残れる保証は無い。」

小声でのやり取りは苛立ちばかりが募った。

「助けが来るかもしれないじゃないですか!」
「たかが2人のアカデミー生の為に殲滅戦を中断か変更させるとは思えない。」
「ド・・・ドレイスはアカデミーに資金援助をしている。」

ドレイスの言葉に、部屋から出かけていたガブラスはぴたりと動きを止めた。
そして背後を振り返り、何ら表情を動かす事無く告げた。

「だったらアカデミーから君の家に弔電と見舞金とが届くのだろうな。」

事も無げに言われて、
ドレイスは愕然とした。


「・・・もう一度聞くが正気ですか?」
「正気で本気だ。手間はかかるが何とかなるだろう。」
「・・・信じられない。」
「見張りが戻らなくてはいずれ誰かが様子を見に来る。その時を待つより先に動いた方が賢明だと思うが?」

言いながらガブラスは既に部屋から出ていた。
繋がれている為仕方なくドレイスも続く。

男達を転がしたままの部屋の鍵をかけたガブラスはその鍵を暫し見つめ、
力を込めて曲げると無造作に投げ捨てた。


部屋の前の廊下には幸い人影は無かった。

しかし角を曲がった先には何人もの男達が武器を構えてうろついていて。

「何があっても決して足を止めるなよ。」
「・・・了解。」

ドレイスが返事をするや否や。

その後のガブラスの動きは圧巻と言うよりなかった。

別に派手な立ち回りがあった訳ではない。

しかし的確に敵の急所を狙い、
瞬く間に屍を増やしながら出入り口を目指した。

「伏せろ!」
「!?」

鋭い声と共に枷を繋ぐ鎖が引かれ、
思わずドレイスがつんのめるとその頭上をボウガンのシャフトが通過していった。

2射目を剣で叩き落としたガブラスがそのミスリルソードを射手に投げつけ、
首に直撃を受けた射手が床に倒れる頃には別のゲリラ兵から新たなミスリルソードを入手して
更に屍を増やし続ける。

「・・・左利きなのですか!?」
「右利きだが右手が使えんのでな!」

怒号の中では至近距離でも会話は自然と怒鳴り声になった。
それでも聞きとりにくく、眉間の皺は深くなる。

しかしガブラスの返答に驚いたドレイスは目を瞠った。
確かにガブラスの右手はドレイスの左手に繋がれて自由に動かす事ができない。

だが利き手でもない手に剣を握りこれだけ戦えるとは。

「扉を出たら左に跳ぶぞ!」
「りょ・・・了解!」

思案の縁から出たドレイスが返事をして間もなく、
ガブラスが乱暴に扉を鍵ごと蹴り開けた。

→<4>


ガブラスさん冷たい。
あれか?人見知り中か?

冷たい書き様だけれど、
ガブラスさん、多分このページの最初の会話でドレイスが戦力外だと見做したっぽい。
でも実際戦ってみたら意外に善戦していて見直した感じ?

この後、もしもドレイスが戦力外だったらどうするか・・・
みたいな話を入れる予定だったけれど余りにアレなのでやめました。

ギー「どうするつもりだったんだ?」
ガブ「死んだらドレイスの手を切り落として利き手で戦うつもりだった。」
ザル「・・・それは本人の前では口が裂けても言わない方が得策だろうな。」
ベル「俺が殺されるからな。」←柱(?)の陰から
ギー「ガブラス。今、同じ状況に陥ったらどうする?」
ガブ「?心強いな。」
ギー「いや、今のドレイスではなくて当時のドレイスと。」
ガブ「・・・・・・・・・。」
ベル「そこは即答なり何かフォロー入れるべき・・・ギャーオ!来たァァァァ!!」←ドップラー効果
ギー「お~、早い早い。流石ジャッジマスターだな。」←棒読み
ザル「・・・・・・・・・・。」

日記~。PageTop更新予定とか。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/275-55f6ec6f

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム