FC2ブログ

諦めた&ワンシーンSS

色々事情が重なりまして、スマホを持たざるを得なくなったので、渋々仕方なく嫌々スマホに変えました。
いや、本当にガラケーが好きだったんですよ。
今更グダグダ言っても仕方が無いんですけどね。
で、自分がスマホになって、初めて存在に気が付いた当ブログのスマホ用テンプレートなるものを変更しました。

スマホデビューの感想としましては-------------青息吐息?
使い方が全く分からず、慣れるのがいつなのか欠片も見当が付かず、それでも折角スマホにしたのだからツイッターでもやってみようかと思い立ったものの、そこでネタを垂れ流しにしていたら、このブログの更新が止まる予想しか付かなかった為に断念。
そもそもマメに呟いている暇があるのか、と。
自制心が働いて良かったです。働かせる所はそこなのかどうなのかはさて置いて。

取り敢えず、仕事で必要なので、ラインの登録だけはしました。違った。してもらいました、だ。
口で言われてもさっぱり分からないので、同期にスマホ丸投げしました。
ありがとうございます同期。

追記は毎度突然降って湧くネタを書いただけのワンシーンSSでございます。
英雄×武人です。
珍しく殺伐とはしていない二人。









セフィロスが近付いた分だけガブラスは下がって、そのうちに背が壁に当たって、ガブラスは一瞬だけ背後を振り返った。
すぐさまセフィロスを睨み上げる。
しかし睨まれる事など日常茶飯事で、毛ほども意に介さなかったセフィロスは、ガブラスの顔の左脇に手を突いた。

「何を恐れる?」
「------------恐れてなど。」
「フッ、そうだな。恐れる者の眼では無い、か。」

ガブラスの目許を左手の指先で撫でると、擽ったのか、ガブラスは目を細めた。
それから、ちらりと己の左脇を見た。
セフィロスの左手はガブラスの頬で遊んでいるのだから、逃げ出すのであれば、そちらに行くしか無い。
しかしガブラスは視線を戻して、何故かセフィロスの前髪に、指先を絡めた。

「?」
「お前が正気であるのなら、別に拒みはせんよ。」

ガブラスは、皮肉げな笑みを浮かべて、そう言った。
確かに、顔を見るなり刀を抜けば、ガブラスとしても応戦せざるを得ないのだろう。
元来、好戦的な男では無いのだ。

セフィロスは、何故だかとても気分が良くなった。
壁に突いていた手を離してガブラスの頬に当てても、ガブラスに嫌がる様子は無く、そっと唇を重ねても、ガブラスは呆れた様な顔をしただけだった。
不思議な感覚だった。
これがどう言った類の気持ちなのかは分からない。
ただ、ずっとこの時間が続けば良いと思った。
素直にそう言うと、ガブラスはきょとんとして、それから、笑った。
優しい、穏やかな顔だった。


一種の現実逃避だと思います。
自分がドタバタ忙しくて、和みたい、安らぎたい一心で書きました。
自給自足で安らげるのかどうかは不明ですが。

それはそうと。
個人的な印象ですが、英雄は喜怒哀楽が欠落しているイメージです。
兵士に執着したり、感情が無いわけではないのでしょうが、嬉しいとか楽しいとか、そう言う気持ちは持っているのだけれど、それを何と言うのか分からない。上手く表現できない。
うーん、それは欠落とは違うか・・・・。

他人の感情の機微にも疎くて、どうしたら好きな人に喜んで貰えるのか、どうやったら一緒に居て貰えるのかも分からない。
分からないけど、一緒に居たい。顔が見たい。
そもそも好きとか嫌いと言った気持ちも、良く分かっていないのかもしれない。
でも気になるから、その人の事を忘れられないから・・・・・・そんなイメージです。

武人「髪に癖が付いてしまったな。」

英雄「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

武人「どうした?」

英雄「いや・・・・・・・・別に構わんと思っている自分に驚いている。」

武人「?」

武人になら髪の毛わしゃわしゃやられても怒らない英雄。

偶には軽いフットワークPageTopXXプレイ状況 ~56でした~

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/2678-066aa23e

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム