FC2ブログ

押して駄目なら引いてみろ

時系列は特にありません。
英雄×武人。













「なんっ-----------------なんだ、いきなり!」

ガブラスは、セフィロスの手を振り払おうとしながら、低く怒鳴った。
無論腕力はセフィロスの方があるから、放すわけがない。
セフィロスが掴んだままの手を引き寄せて、掌や指にキスをすると、武人の二つ名を持つ男は、目を見開いてから動かなくなった。

まあ、ガブラスの言い分は間違ってはいない。
ガブラスの領域に入るなり、問答無用で捕まえたわけだから。
そんな事よりも、セフィロスには気になっている事があった。

「どこに行っていた?どこで何をしていた。」
「貴様に関わりは無い!放せ!」

セフィロスが問うた事で我に返った様だ。
ガブラスは尚もセフィロスから逃れようともがいて、面倒になったセフィロスは一旦手を放した。
------------------尤も、次の瞬間には勢い余ってよろけたガブラスを抱き込んだが。

「ッ・・・・・セフィロス!」
「どこに行っていた?」

睨み上げて来たガブラスを、セフィロスは真っ直ぐ見下ろした。
会いたかったのに、ガブラスは居なかった。
然程出歩くタイプでも無いのに、居なかったのだ。
ガブラスには分からないのだろうか。
この、胸に穴が開いた様な淋しさが。

セフィロスは、ガブラスを掻き抱いた。
肩口に顔を埋め、もう一度同じ問いを繰り返した。
ガブラスは暴れるのを止めた。
セフィロスが落ち込んでいる事に気が付いたのだ。

「--------------------ゴルベーザの所だ。」
「私よりもあれが良いのか?何が?どこがだ?」

顔を上げると、すぐ脇のガブラスの顔は表情を歪めた。
しまった。落ち込んだ振りをしていたのがバレたか。

「少なくともあいつは顔を見るなり手を握り潰そうとはしないし、私がどこで何をしていようと一々詮索するような事はせん!」
「----------------俺が悪いのか?俺の心はお前に在るのに、お前は俺以外の誰かを求めるのか?」

少し淋しそうな表情で畳みかけると、ガブラスは何とも言えない顔になって、結局俯いた。
危なかった。バレてはいない様だ。
セフィロスは密かに嗤った。

下手に力関係を築こうとするよりも、年下である事に甘んじていた方が、ガブラスには効果が高い事に気付いたのは、割合最近である。
実際、(ガブラスの前では)素直に振る舞う様になってから、ガブラスは話を聞いてくれる様になった。
全く、こんな弱点があったとは。

しかしセフィロスは知っている。
もっと可愛い弱点がある事を。

「!ッ、セフィッ・・・・・・・・ロス!?」
「お前だけだ。」
「--------------------!」

形の良い耳を軽く食んで、駄目押しの様に低く囁くと、ガブラスは硬直した。

そう。掴まれた事を死ぬほど嫌がって、近付くだけで全力で威嚇して来る理由がこれだ。
ガブラスは、皮膚の感覚が鋭い(但し、苦痛には滅法強い様だ)。
生まれ持ってのものなのか、職業柄なのかは知らないが、案の定ガブラスは黙り込んで、苦しげな息を吐いた。
既に涙目だ。
今度はその涙を舐め取る。
勝った。
セフィロスは小さく笑った。

そっと鎧を留める紐に手を伸ばすと、制されてしまった。
そうか。矢張り嫌がるか。
--------------------そうでなくては面白くない。

セフィロスは、懸命に払い除けようとする手を逆に避けながら、紐を解いた。
焦るガブラスに殊更優しく笑いかけて、もう一方の紐も外してしまう。
鎧の上下を繋ぐ留め具に手を伸ばした所で、鳥肌が立った。
咄嗟に飛び退いた、その鼻先を鋭い手刀が掠った。

「!」
「--------------全く、油断も隙も無い男だ。貴様の下らん趣味になど付き合っていられるか。他所を当たれ。」
「ほう。ならば全力で抵抗してくれ。容易く手に入る様では面白味が無いからな。」

セフィロスは正宗を構えた。
ガブラスは急いで鎧の紐を締め直して、その手を下ろした時には二振りの剣が握られていた。
------------------ああ、早く切り刻みたい。
愛しているのだ。殺したいほどに。

セフィロスは、口許を歪めた。


テーマはずるがしこい英雄。
うっかり騙されかけたけど、ギリギリの所で気付いてアワアワする武人も好物です。

ディシディア(013)で兵士編をやっている最中に英雄が出て来たのでふと思い浮かんだネタです。
英雄は実際淋しがり屋だと私が萌えます。

英雄「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

武人「なんだ?」

英雄「・・・・・・・・・・全力で抵抗するとはどういう了見だ?嫌よ嫌よも好きのうちではないのか?」

武人「どこで覚えて来たんだ、そんな古い言葉・・・・・・・・・・・。」

ネタにしろって事かPageTop転ショック&ワンシーンSS

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/2586-df7f1d14

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム