FC2ブログ

毎度!&ワンシーンSS

10/16日19時台(2件)「10/16日付日記 ジュールさん設定」への拍手、ありがとうございます。



ジュールさんは人気なんですね。
手をわさわささせるジュールさんに怯えて、一定の距離以上近付かないガブが想像できました。
良い加減学んだ模様。

暫くネタが思い浮かばないいつものドツボでしたが、ネタ切れではないと分かっていても焦る自分。


追記はワンシーンSS。
ディシディアですが、特に時系列はありません。













ただ、そこにいるだけ。
別に、会話をするでもなく、何をするでもなく。

座っているだけ。
目線すら合わせない。

背を預けてくれている。
それだけで、ガブラスが信頼を置いてくれている事が分かる。
それだけで、たったそれだけの事で、己は小さな幸せを感じている。

触れ合う場所が温かい。
それはほんの僅かな面積なのに、こんなにも温かいものだとは知らなかった。

この血に汚れた手で、罪に塗れた腕(かいな)で抱き締めたいと言ったなら、君は困るだろうか。
それとも泣いてしまいそうにも見える優しい笑顔で、許してくれるだろうか。


ああ、愛しき者よ。
我は君の為に在ろう。
我は君の為に死のう。

それほどまでに、恋しいのだ-------------------------


私にしてはびっくりするぐらいの短文ですな。

敢えて相手が誰かは書きませんでした。
最初魔人にしようと思って、書いている最中、文面的に猛者も良いんじゃない??と思い立ったので。
一応弁明させて頂きますが、どっちでも良いわけではなく、どっちにも使いたい話だと思ったのです。


魔人「ものは言い様だな。」

猛者「当のガブラスは寝てしまったがな。」

魔人「疲れているからな。そっとしておいてやろう。」

猛者「マントを掛けてやるのはアリだろうか?」

魔人「そうだな。私も掛けよう。」

魔人も猛者も大人なので、取り合いとかはやらない。・・・と思う。
武人がどっちを選んでも、どっちも文句を言うつもりは無いけれど、それ以前に気持ちに気付いて貰っていない事に気付くべき。

10/21日20時台:一部改訂
拍手を頂いたのにすみませんでした。

日替わり&ワンシーンSS PageTopジュールさん設定

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/2462-5d2263bc

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム