FC2ブログ

虜囚<1>

暴君×武人

















しくじった。
敢えて感想を抱くのなら、これに勝る言葉はあるまい。
じゃらりと耳障りな音を立てた枷に、ガブラスは溜息を吐いた。

自分の領域へ戻ろうとした時だった。
突然何かの衝撃を受けて、一瞬で意識が飛んだ。
次に目が覚めた時には両手に鉄枷が長い鎖付きで嵌められていて、己の身に何が起きたのか戸惑った矢先、纏っていたはずの鎧が姿を消し、代わりに首から垂れ下がった鎖の存在に気が付いた。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

無駄だと分かってはいるが、一応鎖を力任せに引いてみる。
全く、どこにこんな部屋があったのか、壁に固定された金具に繋がった鎖は、ぴんと張っただけでびくともしなかった。

「犬には首輪が無くてはな。」
「!」

唐突に現れた男に、ガブラスは不意を衝かれた。
反射的に飛び退って男から距離を置いたが、大して広くも無い部屋は、思ったよりも男と離れる前に壁に背が当たった。

「貴様-----------------------!」
「主人に向かって御挨拶だな。」
「誰が主か。断った筈だぞ。」

睨み付けるガブラスに、男------------------暴君の二つ名を冠する男は口の端を歪めて笑った。

「私に逆らって只で済むとでも?」
「フン、知った事か。」

吐き捨てる様に言い返した途端、杖が強く頬を打った。
衝撃で頭を壁に打ち、痛いと感じる前に広がる鉄錆の匂いと味。
自分で殴り付けたと言うのに、憐れむ表情を浮かべた皇帝は、ガブラスの顎に手を添え、顔を近付けた。
背けようと思ったが、顎を押さえる力は意外に強く、何一つ思う様に行かないガブラスは、眉根を刻んで眼前の男を睨み付けた。
顎を這い落ちた血が、皇帝の手袋を汚す。

「まだ自分の立場を理解出来ていなのかね?」
「我が主はカオスのみ。如何に責められようとも心は変わらん。」
「クッ・・・・ククククク、ハハハハハハ!もっと出来の良い犬だと思っていたが-------------躾け直さねばならん様だな?」
「!?」

何が可笑しいのか、突然声を上げて笑い出した皇帝は、思いの外丁寧にガブラスの血を拭った。
その指先を、露骨に舌を見せながら舐めて、ガブラスが嫌悪に目を眇めると、突然皇帝の顔が至近距離に迫った。
一瞬何が起きたのか理解できず、キスをされたのだと気付く前に舌が押し込まれる。
食い千切ってしまえと歯を強く噛み締めようとした瞬間、後頭部の髪を掴まれ、強く引かれた。
互いの舌の間で唾液が糸を引き、灯りを受けて煌めいたが、それはすぐに切れて消えた。

皇帝の意図が分かったのは、舌で押し込まれた”何か”を飲み下した時だった。
特に味はしなかったが、大きさ的に錠剤の様に感じた。
似たような形の菓子もあるが、この様な暴挙に出てまでガブラスに食べさせたいほどのものとは思えない。

いずれにせよ、不意打ちの連続にガブラスはひどく噎せて、ついでに今飲み下した物体を吐き出せれば良いと思ったが、結局それは戻っては来なかった。

「ゲホッ・・・・貴様、何を!?」
「直に分かる。」

ガブラスの不機嫌とは対照的に、男はひどく楽しそうだった。


本当、どこなんでしょうね、ここ。
私も知らないけれど、パンデモニウムの中のどこかじゃないですかね。

暴君はですね、嫌がられる・・・と言うか、断られると余計手に入れたくなってテンション上がるタイプだと思います。
尚且つ素直で従順に言う事聞くタイプは面白味が無くて好みじゃないんです。

武人「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-言-)」

暴君「何だその顔は。」

武人「言う事を聞かない者など、私の他にも居るだろうが。」

暴君「居るな。」

武人「ならば何故私に拘る(;゚皿゚)」

暴君「ふむ。お前が一番躾け甲斐がありそうだからだ。」

武人「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

魔人のマントの中に引きこもりたいと本気で思った36歳。

ジュールさん設定PageTopルドさん&ワンシーンSS

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/2458-8d82f051

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム