FC2ブログ

買い替え取り替え&ワンシーンSS

03/29日08時台、「愛し君へ<5>」への拍手、ありがとうございます。
加えまして投票所への御協力もありがとうございます。
中々反映させられず、申し訳ないばかりです。


さて。
随分年季が入ったので、ショルダーバッグを買い替えました。
財布と携帯と免許証、あとはゲーム機入れば良いわと思って、小さめのを買いました。

そして買い替えた絶妙なタイミングで財布(折り畳みタイプ)が壊れました。
何の気なしに父に話したら、長財布をもらいました。
この長財布様が意外と嵩張りましてな。
3DS入らなくなった・・・。
すれ違い通信目的で持って歩いていただけなので、無くても困らないと言えば困らないのですが・・・若干切ない。


そんなこんなで追記はワンシーンSS。
FF12でウォス×ガブ。









ひどく物憂げな溜め息を吐いて、男は腰掛けた窓の外を眺めた。

抱いている感情が愉快さの欠片も無い事は一目で分かるが、それでもその表情はひどく男に似合っていた。
-----------美しささえ感じるほどに。

理由はウォースラも知っていた。
とは言ってもバッシュから聞いた話であり、本人から直接耳にしたわけでは無かったから、"それ"に触れて良いものか、判断し兼ねているのだ。

ガブラスは口を開こうとしない。
ウォースラもまた、先程から黙ったまま、ただガブラスの気の済むままにさせている。
ガブラスは良い大人だが、時折、触れただけで壊れてしまいそうな危うさがあって、今がまさにその"時折"なのだと、ウォースラには分かっていた。
バッシュが居れば、気も楽になったのだろうが、間の悪い事にガブラスの休みに合わせる様に出張してしまった(以前から予定されていたものとは言え、かなり不平を零しながら出掛けて行った)。

「・・・・・・・・・アズラス?」
「あん?」

窓の外に目をやったまま、ガブラスはウォースラを呼んだ。
漸く喋る気になったのかと少しだけ安堵したウォースラは、ガブラスの隣に立った。
予想通りガブラスはウォースラに一瞥すらくれなかったが、別に構わなかった。
一緒になって外の景色を眺める。
ダルマスカ特有の荘厳な王宮は、柔らかな日の光を浴びて、美しく輝いていた。

「お前、-----------帝国に降ると決めた時、どんな気持ちだった?」
「-------------------。」

顔も見ず、どこか遠くを見たまま、同僚に良く似た顔の男は、負った傷を抉る様な問いを放ってきた。
言うだけ言ってから、ガブラスはちらりとウォースラを見上げる。
酷な問いだと自分でも分かっているのだ。
だから機嫌を伺っている。

「------------------無くなってしまえば良いと思った。」
「・・・・・・・・・・帝国が?」
「何もかもだ。帝国も、ダルマスカも。生きとし生けるもの全てが無くなってしまえ、と」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

何より、ウォースラ自身が跡形もなく無くなってしまいたかった。
あそこまで追い詰められる前に、祖国を救えなかったのか。
もっと何か出来る事はなかったか。
自責の念は、只管にウォースラの心を焼き尽くして------------

「・・・・・・・・・・すまん。」
「お前は命令に従っただけだ。恨むなら命を下したヴェインで、憎むべきは役に立たなかった俺自身だ。」

違うか?
ウォースラの問いに、ガブラスは黙ったまま、目を伏せた。

「私は----------------」
「何もかもお前が背負わにゃならん理由なんざ無いさ。」

窓の外を眺めたまま、ウォースラは濃い金髪を抱き寄せた。
ガブラスも景色を見つめたまま、大人しく抱えられた。

「お前は、お前の為すべき事をやれば良い。」
「・・・・・・・・・・ああ。」

短く応じて、ガブラスはウォースラの肩に頭を預けたまま、目を閉じた。


バッシュの様には上手くフォローが入れられなくて、それが歯痒いアズラスさんと、そんなウォスの気持ちも分かっているんだけど、やっぱりバッシュ相手の時の様には甘えられないガブ。
・・・・・ってのを書きたかった次第です。

大人っぽいイメージを目指したのですが、華麗に玉砕したよね、と。

ガブがヘコんだ理由としては特に細かくは考えていませんでしたが、多分、局員が何人か戦死したとかなんとかそんな感じ?
しかも思ってたより被害が甚大で。
魔物討伐に行ったとか、反乱分子の制圧に出たとか・・・なんだろうね!

で、結果として人選ミスをしたんじゃないかとか、もっと良い編成が組めたんじゃないか、とか、ガブが色々悩んでヘコんでバッシュ頼ろうと思ったら肝心な時に居ないし・・・・みたいな感じですかの?

自分は捨て駒で構わなくても、局員は大事だと良いな・・・という妄想。

携帯ピンチ&ワンシーンSSPageTop呪い疑惑

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/2416-b6a178c2

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム