FC2ブログ

大味な仕様&ワンシーンSS

先日忘れてしまった小ネタ、思い出したんですよ!
頑張った!私は頑張った!
誰も褒めてくれないから自画自賛。
や、そもそもド忘れかました自分が悪いんですけどね?

さて。
土曜に子供のお気に入りのカードが致命的に汚れてしまって、捨てざるを得なくなりました。
勿論子供は激怒。大泣き。
見兼ねた旦那様がじゃあ同じカードを探しに行こう!

そんなわけでカード探しの旅に出まして。
と言ってもコンビニは限定な上、アイスとセットでランダムに封入されているカード。
何が出るか分からない。
確率は1/10。
それ以前に肝心のアイスがどこも売り切れ。

10店舗ぐらい回った時かな。
奇跡的にアイスを発見。
必死で食べる子供を横目にカードを開けてみる。
なんと、捨てたカードと同じカードが出まして。
奇声が出ましたとも。


そんなこんなで追記はワンシーンSS。
FF12でウォースラ×ガブラス話。
目指したのは可愛いガブラスさん。













休憩時間に、壁に掛かっていたカレンダーに目をやったウォースラは、その視線を同僚の弟に移した。

「なあ、お前、明日休みだろ?」
「ん?ああ。」

ウォースラの何気ない問いに如何にも適当に応じたガブラスは、少し置いて目を瞠って、ウォースラを見て、引き攣ると数歩後ずさった。

「い、嫌だぞ。俺は今晩は早くに寝て明日は普通に起きて散策したり読書したり有意義に過ごすんだ。」
「何も言ってないだろ。」

しかし顔はにやけてしまったらしい。
ウォースラが近付くと、ガブラスはウォースラを睨みながら下がった。
一定の間合いは取りたい様だ。

「折角の休みなんだから好きなだけ寝れば良いだろ。昼過ぎでも夕方まででも。だから多少遅く寝ても問題あるまい。」
「ある。大いにある。俺は休日を楽しみたいんだ。」
「大体敢えて散策なんざしなくても仕事で嫌でも巡り歩くだろうが。」
「だからこそ自由に歩きたいんだ。大体お前、仕事だろう。」
「生憎午後からでね。午前中三、四時間も寝れれば充分だ。」

言葉の応酬を続けながら、ウォースラは近付く。
ガブラスは下がる。
それを延々繰り返して、結局ガブラスの背が壁にぶつかった。
青褪めたガブラスは目線だけで背後を伺う。
その隙だった。
一気に距離を詰めたウォースラは、ガブラスの顔の脇に片手を突いた。

「往生際が悪い。」
「お前、ふざけるなよ?何の権利があって人の安眠を妨害する気なんだ。偶の休みなんだぞ。」
「偶でも一生に一度というわけではあるまい。」

顔を覗き込むと、きつい眼差しで睨まれた。
だからどうした。
ウォースラは全く動じない。
大体半泣きで睨まれた所で怖くも何とも無い。
寧ろ気分は悪乗りする一方だ。

「部屋に鍵かける。」
「合鍵持ってるけどな。」
「・・・・・・・・・・・・・お前なんか嫌いだ。」
「何遍聞いたかな、そのセリフ。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

ガブラスはとうとう黙り込んでしまった。
必死な様子が可愛くて、ついからかっていたら度が過ぎた様だ。
一つ息を吐いたウォースラは、にやついた笑みを穏やかなものに変えて、ガブラスの髪を手荒く撫でた。

「冗談だよ。好きな様に休め。偶の休みなんだしな。」
「・・・・・・・・・・・・・・・。」

そろそろ休憩時間が終わる。
踵を返して資料を探しに行こうとしたウォースラの上着の裾を、ガブラスが突然掴んだ。
ウォースラは勢いで仰け反って、何事か振り返る。

「おぉっ!?どうした?」
「す・・・・・・少しだけだったら良い・・・・・・・。」
「は?」

俯いた顔は見えないが、耳が赤くなっている。
可愛くて、可笑しくて、ウォースラは笑いたい気分を堪えて敢えて平然と応じた。
ここで笑ってしまっては絶対に臍を曲げられてしまう。

「だってお前、ゆっくり休みたいんだろ?」
「だから・・・!一回とか・・・・ぐらいなら・・・・・・・・・。」

もう声が小さ過ぎて後半は何を言っているのか分からない。
ぽりぽりと頬を掻いたウォースラは、困った様に笑って、ガブラスの髪をもう一度掻き混ぜた。

「じゃあ一回、手加減抜きでな?」


・・・・・・・・うん、目指したんですよ。
書いてからこんなのガブじゃないとか、36にもなってこんなデレ方は無いだろうとか色々考えましたが、二次創作だから良いんだと思い切る事にしました。

ガブ「手加減はしろ。」

ウォス「嫌だ。」

ガブ「・・・・・・・・・やっぱり来なくていい。」

ウォス「何言ってんだ。誘ったのお前だろ。責任取れよ。」

ガブ「・・・・・・・・・・・・誘ったわけじゃない。」

ウォス「そう言うの、誘ってるって言うんだよ。そろそろ学べ。」

ガブ「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

失敗したと後悔する36歳。

また忘れたPageTopド忘れ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/2347-a4e6b859

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム