FC2ブログ

手作りの想い

現パロ幻想一家+ユウナでバレンタイン話。


時期としては二月初旬~ぐらいの話?




















「なあなあ、今年のチョコ、何?」
「・・・ああ、そろそろバレンタインか。」
「そうだよ。今年は何作んの??」

ソファで踏ん反り返っているジェクトの問いにガブラスは肩を竦めた。

「作る時間が無いし、十四日は仕事だから居ないぞ。」
「なんですと!?」
「当たり前だ。平日だろう?」
「えーっ・・・一緒に飯食いにでも行こうかと思ってたのになあ・・・じゃあいつ休みなんだよう。」

ぱたぱたと足を無駄に動かしながらジェクトは背凭れにしなだれかかった。

どうやらいじけてしまったらしい。

「休みではないが十二日は夜勤だから昼間は居る。」
「十二・・・ってオレ強化合宿中じゃん。帰ってくんの、十三日だぜ?」
「なら今年は諦める事だな。」

ジェクトは飛び起きた拍子にローテーブルに脛をぶつけた。

弁慶の泣き所と言われる部位を押さえながら悶絶するジェクトを横目に、
ガブラスは軽く溜息を吐く。

「チョコなんてそこらの店に幾らでも売っているのだから俺の手作りに拘る必要性なんて無いだろう。」
「ある。絶対ある。」
「どこに?」
「・・・・・・どっかに。」

咄嗟に具体的な反論ができず、ソファに撃沈してしまったジェクトに呆れて、ガブラスはもう一度溜息を吐いた。



そして十二日。

一通り家の事を片付けたガブラスは、茶を淹れるべくキッチンに立った。

ジェクトは合宿、ティーダは部活で家に一人きりだが、普段が無駄に騒がしい事を考えると静かな時間が如何に有難いか実感する。

直後、インターホンが鳴った。

モニターで確認すると俯いている少女が立っていた。

ユウナだ。

「どうした?」
『あの・・・その・・・お願いしたい事が・・・』

彼女にしては珍しく歯切れの悪いセリフ回しにガブラスは首を傾げる。

「取り敢えず入れ。」
『ありがとうございます・・・。』

ガブラスの言葉に、ユウナは丁寧に頭を下げた。



「ティーダに手作りのチョコレートをプレゼントしたいんです。」
「成程?」
「でも私、作った事が無くて・・・ガブラスさんなら作り方知ってるかなって・・・」

俯いているが頬が赤らんでいるのが僅かに見える。

年頃の少女ならではの愛らしい様は見ていて微笑ましい。

「分かった。では一緒に作ってみるか?」
「本当ですか!?」
「俺もジェクトに作れとせがまれていてな。良い機会だ。」
「ありがとうございます!」

嬉しそうに笑んだユウナに頷いて、ガブラスは立ち上がった。


初心者ながらユウナは懸命に取り組んでいた。

調理器具の扱いは覚束無いが、それでも丁寧な所作にティーダへの想いが透けて見える様で。


「出来た・・・!」
「初めてにしては上出来ではないか?」

ガトーショコラを作り上げた二人は満足げに頷く。

改めてガブラスが茶の支度を始めると、隣に立つユウナはじっとガトーショコラを見つめた。

「・・・・・・・私、夢だったんです。」
「何が?」
「好きな人に手作りのチョコをあげるの。ティーダ、喜んでくれるかな。」

はにかむ様な笑みを横目に見ながら、ガブラスは悔いを胸に宿らせる。

仕事を口実にジェクトにひどい事を言ってしまった。

ガブラスにとってバレンタインなど菓子屋の陰謀程度の認識だが、
ユウナやジェクトにとっては立派な一大イベントなのだ。

済んだ瞳で見上げて来るユウナに、ガブラスは柔らかく笑んだ。

「勿論だとも。」


若干武人×召喚士じみた印象もありますが、
幻想×武人がメインです。

私の中では未来のヨメと未来の姑・・・舅??

ユウナは菓子作りに限らず、家事の経験がありません。


一方。

幻想「なんだよあの野郎www無理とか言いながら作ってくれた・・・もう一つある??なんだ?この何とも言えない味わい深い造形のやつ・・・」

夢想「あ、それユウナからもらったやつとおんなじだ。」

幻想「ん?・・・そうかあ、ユウナちゃんと作ったのか。わざわざ手作りをねえ・・・可愛いじゃねえの、ユウナちゃん。」

夢想「ユ・・・ユウナはだめッス!絶対だめッス!!」

幻想「何焦ってんだよコラ。」←ニヤニヤ

武人「一々息子をからかうな鬱陶しい。」

夢想「あ、母さんw」

幻想「おう、おかえり。安心しろって。オレはお前一筋だからwww」

武人「それはどうも。」

夢想「母さん、チョコありがとう!」

武人「どういたしまして。」






FF12バレンタイン小ネタその1 ~最近は色々な意味のチョコがあります~PageTop日記~。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/1616-5ef42420

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム