FC2ブログ

聖なる夜に

アカデミー時代のザルとガブ。

あんまりカプ要素は無いかと。

アカデミーは全寮制って前提で。


















聖夜祭=クリスマス・・・の様なものだと思って下さい。


聖夜祭が近付くにつれ、寮内は俄然賑やか且つ慌ただしくなって来た。

先ず寮生達の気分が高揚していて、
色とりどりに飾り立てられた寮内の雰囲気もそれ拍車をかけている。


冬期休暇に入ってすぐの一大イベントへ友人と行く者、家族と過ごす者、恋人と手を取り合う者それぞれだが、
毎年、この聖夜祭を機に寮内は一気に閑散とするのが恒例だった。

既に結構な数の外出、外泊届が提出されていて、
それは現在進行形で続いている。


浮かれた様子の寮生達を見ながら、ザルガバースは実家に帰るべきか否か、悩んで居た。

冬期休暇はそれなりに長い。

家族とのんびり過ごすのも捨てがたいが、
中には寮に残る者も居るので寮長たる己が不在の間に何か事件や事故でも起きたら、と思うと今一つ思いきれないのだ。

もう一つ、決断できない心情を底上げする理由があるにはあるのだが、
ザルガバースの独り善がり故に気付かなかった事にでもするしかない。

日が近づくにつれ次々と渡される外出、外泊届に焦燥感は増すばかりだが、
目的の人物は未だ届を出さない。

まさか寮に残るつもりなのか、単純に出し忘れているのか。



「ザルガバース?」
「?やあ、ガブラス。」
「どうしたんだ・・・?」

通りがかったらしいガブラスの不審げな眼差しに、ザルガバースは自分が壁に向かって俯いて立っていた事に気が付いた。

何でもない、と慌てて首を振った拍子に抱えていた届出の束が落ちる。

どう見ても”何でもない”様子にガブラスは片眉を跳ね上げて落ちた書類を拾ってくれた。

「冬期休暇だろう?家に戻らないのか?」
「・・・まだどうしようか悩んでいる。・・・・君はどうするんだ?」
「俺か?寮に残る。」
「母君はどうするのだ?」

三週間近い休みは母親と共に過ごすのであろうと勝手に思い込んでいたガブラスの応えに驚いて、
その拍子にザルガバースは声が裏返った。

「その母から手紙が来たんだ。俺が帰ると寮に戻したくなくなるのだと。」
「・・・・・・・・・。」
「夏季休暇の時に一ヶ月以上側に居ただろう?その時も九月が来るのが嫌だって、ずっと言っていた。」
「そうか・・・・。」
「最近は調子も良い様だしな。プレゼントだけ贈ろうと思う。」
「それは良かった。母君もきっと喜ばれるだろう。」

少し笑んだザルガバースにガブラスは照れ臭そうに頷いて、
書類の埃を軽く払うと差し出した。

受け取りながら、ザルガバースは冬期休暇をどこで過ごすか決めた。

「-----------------私も、家には帰らない事にするよ。」
「寮長も大変だな?」
「まあ・・・それだけでは無いのだが・・・」
「?」
「いや、こちらの話だ。気にしないでくれ。」

笑って誤魔化したザルガバースが寮へ向かうと、
ガブラスも並んで歩く。


きっと、ブルオミシェイスでは荘厳で、華やかな祭りが開かれているのだろう。

ザルガバースも、両親に連れられて見に行ったことがある。


様々な色に灯された煌めくクリスタル。

参道には出店が並んで、平素は静謐な神都は通年の中でも屈指の賑わいを見せているに違いない。

神都に行かずとも家族と過ごす寮生も多いだろう。


中庭を駆けて行く寮生達の姿を窓から眺めつつ、
ガブラスが口を開く。

「本当は聖夜祭にも誘われたんだ。」
「断ったのか?」
「この寒いのにわざわざ屋外で遊ぶ者の気が知れん。」
「・・・・・・・・・そうか。」

妙にきっぱりと断言されて、笑いたいのを堪えたザルガバースは書類を抱え直した。


まあそんなこんなでらぶらぶーにクリスマスを過ごしたら良いんですよ。

ガブは寒いのが嫌いです。暑いのも嫌いです。
仕事だと仕方なく行くけれど、プライベートでは近付きたくないんです。

だから昼暑く夜寒いダルマスカ(砂漠の気候)なんて用でも無ければ絶対行きたくないんです。
兄さん涙目。

ザル「外を見てごらん、雪が降ったぞ。」

ガブ「帝都に雪なんて珍しいな。」

ザル「窓辺に来たらどうだ?暖炉の前からでは良く見えまい。」

ガブ「寒いから嫌だ。」

ザル「・・・・・・・・・。」←(苦笑い)

ホワイトクリスマス台無し!!

プレゼントPageTop日記と更新予定~。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/1539-db283145

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム