FC2ブログ

赤ずきんちゃん<2>

拍手文を入れ換えたので11月用を格納しました~。
















頭の上にちょこんと乗った耳が忙しなさそうに動いて周囲の様子を探っています。

ふさふさの尻尾は警戒する様に膨らんでいます。


初めて見たオオカミの姿に、赤ずきんちゃんは興味津々で近付いて行きました。

赤ずきんちゃんに気付いたオオカミが目を見開いた直後、引き攣ります。

そりゃあ引き攣ります。

四つん這いで六本腕の、見た事も無い巨大な生き物が目の前に居るのです。
しかも、肌の色に合わせたのか、赤い頭巾をかぶっています。

頭巾に付けられた小さな花のアップリケが完全に場違いな、異様な光景でした。

「・・・・・・・・・・・。」
「ガー。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

赤ずきんちゃんが話しかけてもオオカミは無言でしたが、
彼が持っていた食材を見た途端、
赤ずきんちゃんは猛烈にお腹が空いて来ました。

朝ごはんはきっちり食べましたが、食後のデザートを食べ忘れていた事に気付いた赤ずきんちゃんの口からはヨダレがだらだらと垂れ落ちます。

目はオオカミの手に釘付けです。

「ガー・・・・・」
「・・・お前、腹が減っているのか?」
「ガー。」

問いに素直に頷いた赤ずきんちゃんに、オオカミは溜息を吐いて抱えていた食材に視線を落としました。


オオカミさん、どうもお買い物後らしいです。

デカオずきんちゃん、可愛いと思うんだけどなあ・・・。


武人「・・・キャスティングに明らかに無理があると思うのだが?ストーリーはおかしいし。」

猛者「アルティミシアに脚本握られた段階で無茶苦茶になるのは分かっていた事であろう?」

武人「そもそも奴に脚本渡したのは誰だ。」

魔人「カオスから取り上げたコスモス。」

武人「・・・・・・・・・・orz」


日記~。PageTop日記~。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/1507-00baeb26

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム