FC2ブログ

赤ずきんちゃん<1>

拍手文を入れ換えたので10月分を格納しました。











「ではこのパンとワインの入った籠を病気のおばあ様の所へ届けて頂戴ね?」
「ガー。」

明るく返事をした女の子?に、お母さんはにっこりと微笑んで玄関のドアを開けてあげました。

お気に入りの赤い頭巾をかぶった女の子?は上機嫌で出かけて行きます。

「良いですか?寄り道をしないで、まっすぐおばあ様の所へ行くのよ?」
「ガーッw」
「森の中にはオオカミがいますからね。決して入ってはいけませんよ。」

六本ある腕のうちの一本に籠を引っ掻けた女の子?---------------------
赤ずきんちゃんはお母さんの声に送られて意気揚々とおばあさんのお家へと向かって歩き出しました。

お母さんの説明セリフで分かる通り、おばあさんが風邪を引いてしまったので、
赤ずきんちゃんはお母さんに食事を届けるお使いを言い渡されたのです。


五分後--------------------------

初めてのお使いに、赤ずきんちゃんはウキウキとスキップ?をしていました。

鼻先を小さなちょうちょが飛んで、
その愛らしさに惹かれてお使いの事などすっかり忘れた赤ずきんちゃんはちょうちょを追いかけ始めます。

ズドーンズドーン。

赤ずきんちゃんの軽快なスキップ?に合わせて地面が大きく揺れます。

その時でした。

「わっ!?」

驚いた様な声と共に赤ずきんちゃんの近くで何かが引っ繰り返りました。

「何だ!?」
「ガー???」

腰を摩りながら飛び起きたのは大麦色の毛並みのオオカミでした。


デカオはノーマルです。

赤ずきんちゃんってこんな話だったっけ??
・・・な展開になるので可愛い赤ずきんちゃんは期待しないで下さい。

まあ赤ずきんちゃん=デカオの時点で・・・ね?


載せる事をお許し下さったラス谷様へ感謝を。

日記~。PageTop日記~。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/1451-50a1c059

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム