FC2ブログ

Gemini

FF12の5周年記念サイト様に載せた話。

書くだけ書いて自サイトにUpし忘れていた間抜けさ。

そしてスタッフロールのちび双子が可愛過ぎるのにそれを表現できない残念感。

Mi様に献上済。



「ねえノア、知ってる?」
「?なにを?」

唐突な兄の問いに、宿題をノートに書き込んでいた手を止めたノアは顔を上げ、
背後の机で同じく宿題を片付けているであろうバッシュを振り返る。

バッシュは椅子に逆向きに座って背凭れに腕を乗せながらノアを見て笑っていた。

一緒に机に向かったはずなのにバッシュは宿題に手を付けていない様だ。

「ぼくたちのこと。」
「?」
「どうしてぼくたちは同じ顔をしているんだろう?」

顔だけでは無い。

背丈も、体格も、手足の形も何もかも外見上の特徴は全く同じで、
髪形が違わなければ母親以外誰も見分けが付かない。

バッシュとノアは双子だ。

闊達な兄と、内気な弟。

全く同じ容姿で正反対の性格の二人は近所は勿論学校でも有名で、
何かと比べられる事が多かった。

別にどちらが秀でているとか、劣っていると言った話では無い。

同じ容姿をしている事が話の種になり易いだけなのだ。

バッシュがそれを気にした事は無いが、
神経質なノアは余り快くは思っていない様だった。


「先生に聞いたんだ。」
「それで?」
「そうしたらね、先生は調べて来てくれたんだよ。」

バッシュの話に興味を持ったのか、
ノアは椅子ごとバッシュに向き合った。

「ぼくたちはイチランセイソウセイジって言うんだって。」
「イチ・・・・?」
「イチランセイソウセイジ。もとは1人だったんだよ。」

得意げに難しい単語を喋るバッシュも今一つ発音が覚束ない辺り、
ノアに教える為に何度も暗唱を繰り返したのだろう。

「1人って・・・?待ってバッシュ。意味がわからない。ぼくたちは2人だよ?」
「母上のおなかの中で1人だったのが2人にわかれたんだって。」
「最初はバッシュかぼくのどっちかしかいなかったってこと?」
「うん。どっちかはわからないけれど。」

同じ顔をした兄はきょとん、としたノアを見て笑みを浮かべる。

「だからね、ぼくとノアは同じヒュムなんだよ。」
「同じ・・・。ふしぎだね。ぼくたちは2人いるのに。」

笑んだ兄につられてノアもはにかむ様に笑う。

同じ顔をしているのに笑い顔は違って、
バッシュはノアの優しい笑顔が大好きだった。




ふと夜中に目が覚めて、
起き上がったバッシュは二段ベッドの上段を覗き込んだ。

二段ベッドを導入した当初はバッシュが上段だったが、
寝相の悪さが災いして落ちても安全な様にと下段のノアと入れ替わって久しい。

ノアは壁に向いて丸まって眠っていた。

毛布はベッドに入った時のままの状態できちんとノアに掛かっていて、
朝起きた時には高確率で蹴り落としているバッシュとは豪い違いだ。


世界でたった一人の、自分と同じヒュム。

それは誰もに居るわけではない。

まるで奇跡だ、とバッシュは思った。


弟を起こさない様にそっとベッドの階段を登って、
ノアよりも壁際に回って弟の毛布に潜り込む。

こうすればベッドから落ちたりはしないだろう。


もう少し幼かった頃はこうやって一緒に眠った。

そのベッドが手狭になって二段ベッドに替わったわけだが、
バッシュは前のベッドの方が良かった。

ノアだって一緒に寝ていた頃はこんな丸まって眠ったりはしなかった。

きっと心細いのだ。


一人用のベッドに二人は狭かったが、
それでもバッシュは壁に背を付けてノアと向き合った。

気配に気付いたのか、ノアが一瞬眉を寄せて薄らと目を開ける。

「バッシュ・・・?」
「ごめんねノア。起こしちゃった。」
「うん・・・。」

ぼんやりした声は起きたと言っても半分以上は夢の中らしい。

小さく笑ったバッシュは優しくノアの背を撫でた。

「朝起きられないよ・・・?」
「うん。ぼくもすぐ寝る。」

語尾は既に穏やかな寝息に変わっていて、
バッシュは苦笑いをした。

ノアの言う事は尤もだが、
生憎バッシュが寝起きがノアよりも悪かった事は無い。


弟の寝息を聞きながら、
いつしかバッシュも夢の世界に引き込まれていった。


ちび双子は可愛いに違いない!!
・・・と念じながら書きましたw


バシュ「懐かしいねえ。」

ガブ「そう言えばあの時、寝惚けたお前に蹴り落とされて目が覚めたんだったな。」

バシュ「あはははは。そうだったっけ?」

ガブ「お前の弟に生まれて良かったよ。おかげで大概の事は笑って許せる様になった。」

バシュ「良かったじゃないか。」

ガブ「厭味だ。」

バシュ「知ってるw」

ガブ「・・・・・・(-言-)」

笑って許せるって言うほど笑わないよね?って要らん事言ったらイノセンス飛ばされるんだと思いますw

うぼぁー!

日記~。PageTop日記と更新予定~。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/1115-45eda9cf

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム