FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝枕

可愛くて優しいガブラスさんと言えば「よぐる様」ですが、
そちらのサイトマスター、ラス谷様に頂いた幻想×武人ですw

キリリク踏んだのですwwふっふっふ~www

持ち帰って良いとのお許しを頂いたので早速飾らせて頂きますーwww

ありがとうございます!


私の作品では無いので勝手に持ち帰ったりしないで下さいませね。





人の膝に頭を乗せ大鼾をかいて眠る男を見ると自然に深い溜め息がでた。
溜め息は出るもののあまりに気持ち良さそうで膝を使われているガブラスはそんな彼を叩き起こす気にはならなかった。
ただ人のマントを掛け布団にするのだけは止めてもらいたいと思う。
「折角、アイロンをかけたのに・・・。」
マントに皺が増えていくのと同時に眉間に皺が増えていく。

御返しだとばかりにジェクトの額にグリグリと拳を押し付ければ苦しそうにするが目を開けることはない。
ここれだけ鈍いから息子とも上手くいかないのでは?
呆れて傷のある顔を眺めた。
「いつ出来たかも覚えてねぇや。」
大分前の話だがジェクトに身体の傷について尋ねたらヘラっと笑っていたのだった。
それを聞いた時、生業としていたスポーツがどれだけ危険なものか疑問に思ったものだ。
勿論、今はその誤解は解けている。

「ノア・・・。」
何もする事が出来ずぼーっとしていたらあの名前で呼ばれた。
「いつもその名で呼ぶなと言っているのに。」
隠れて呼んでいる事や呼びたがっているのは知っている。
だが呼ばれたくはない。
以前呼ばれた時は返事がわりに一発ぶん殴ってやった。
次に呼んだら鼻でも摘まんでやろう。
「まだ一回目だ。」
ふっと笑ったガブラスはジェクトの黒い髪を撫でてやった。

メールお返事~。PageTop日記~。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/1106-2399e5db

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。