FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記~。

04/20日14時台「Twillinge」に拍手、ありがとうございました!


お味噌汁やお吸い物を作る時は、
昆布を水に浸けておく所からスタートなのですが、
掬ったり濾したりするのが面倒くさくて鰹節は出汁パックに入れて使っていたのです。

ところが子供が具材は食べるけれど、汁を飲まなくなった。

暫くそんな状態が続いたのですが、
昨日、豚汁を作った時に気紛れで鰹節を濾して出汁を取りました。

やっぱり面倒くさかった・・・。

が、子供はお汁まで全部飲み干して完食。

・・・そうですか。
手間は省くな、と。

確かに濾した方がしっかり出汁が出て美味しかった。

そもそも出汁を取る様になったのだって子供に離乳食を作っていた時に出汁は自分で取った方が云々て書いてあったからそれを参考にする様になって現在に至るわけですよ。

わかったよ・・・。
お母さん面倒くさくても鰹節は濾すよ・・・。

そんなわけで私が人様に自慢できる料理はお味噌汁だけです。
明らかに鰹節様のおかげですけれども。


今朝は冷え込みましたね。

朝起きてカーテン開けたら全ての窓が結露していて現実逃避に寝直そうかと思いました。

今朝ほど結露取りが欲しいと思った事は無い・・・。

で、子供を送るまでに粗方の結露を取ったのに帰って来たら北の窓がまた結露。

それで変なスイッチ入ったんでしょうね。

ああ良いさやってやろうじゃないのさ。


午前中いっぱいかけて掃除して、午後になって涙目です。

もう何もしたくない・・・。

でも旦那様の実家には行きました・・・。


嫁ガブラスはしっかり者。





鎧の所はとーちゃんも痛いので薄い所を狙いました。とーちゃんの腕力だったらはっきり言ってベアバッグです。
痛いわボケェ!!・・・と思っている間にとーちゃんが何やらまくし立てていたと。
抜け駆けした罰です。


今までまともに淑女を使った事が無かったので対ガブラス戦は私が心折れそうでした・・・。

和服を着ている人ですね。ちょっとイミテーションの印象が変わりました(爆笑)

女の子に優しい弟・・・素はフェミニストなのかもしれませんね。

本人は結婚する暇が無いぐらいにしか考えていないけれどやっぱり兄さんが暗躍してたんだ・・・!

DFFの兄さんは随分大人しくなって・・・。
月で何かあったのでしょうか・・・。
ガブラスと知り合ってから「ガブラスに比べたら私など・・・」とか思ったんでしょうか。

ボケたガブラスも可愛い・・・w
タックル禁止令出した方が良いかと。

弟の中で兄さんは陽気で爽やかな印象なんだと思います。
絶対騙されてる・・・!!おののくとーちゃん。
尊敬するでしょうとも。
36年間騙し通しているわけですから。


月の弟さんがどんどん黒い方向に・・・!
そりゃあ暗黒騎士になれた人ですから。
でもパラディンの方が黒く見えるのは私だけでしょうか・・・。

文句を言いながらお茶を用意してくれるガブラス。
「愛しているよノアw」
「うるさい苦しい離れろ。」
とーちゃんもハグをしたいけれど兄さんが怖いんです。
何で同じ顔してんだよ・・・!!
やり難い事この上無いらしいです。


最初はきっと自分がお兄ちゃんだから弟を守らなくちゃ・・・みたいな感じだったんでしょうね。

どこで邪気が混じったの・・・?
独占欲は半端無いのだと思います。

ガブラスも華奢とか弱いわけでは無いですからね。
力にモノを言わせようとしたら流血沙汰は免れません。
それはもう混沌が実証済みです。

ガブラスを怒らせないギリギリでスキンシップをするわけですね。
多分兄さんにしか出来ない芸当です。

ずっと近くに居ればブラコンも然程進行しなかったのでしょうか・・・。
いやそれはそれで監禁紛いの事態になる気も・・・。「ノアは自宅で出来る仕事が向いていると思うなw」とか。

騙されてると思うけれど弟の事も考えると口に出せないです。
取り敢えずそれで上手く行っているなら・・・。
静観するしか。

年上の女房は金のわらじを履いてでも探せと言うし。僕は満足だよ?
にっこり言われると溜め息しか出ません奥さん。

一緒に次元城をゆったり散歩したらガブラスがちょっと落ち着いたのでファファファは後で二人に報告です。
ガブラスを中心に置いたらカオスの皆様は並々ならぬチームプレーを見せてくれるんだとw

本当に大概にせぇよと思われていそうです神様。

女同士の争いってね・・・!
男が見たらおののく激しさ陰険さ。

まあコスモスの女性陣は割合サバサバしたキャラクターが多いので激しいだけで済むのでしょうが。
それでも洒落になりません。

子供特有のコンプレックスは成人して久しいガブラスさんには分かりません。
歯痒いオニオン君。

「大体同じ顔をして可愛いもへったくれも無いだろう。」
「顔じゃ無いんだな~♪」ノアと話せて兄さんゴキゲンです。

世間体も立場もノアに比べたら。
比べる事自体おかしいよねw
兄さんが楽しそうです。


遊び疲れて寝てしまったちびガブにつられてオニオンも寝てしまってお姉さん達が萌えそうです。
まだまだ子供ね~w
彼はいつ子供扱いから抜け出せるのでしょうかw

格闘家の女性は下手な男性よりよっぽどゴツいし強いですからね。
にっこり笑顔でおいで~wとか言われても冷や汗しか出ません。


どうしてあの存在感に気が付かなかったんだろうね、ライトニングは。
不思議な仲間達。
ちびガブに集中し過ぎたのです。
今度は周囲を良く見て撫で撫でしたら可愛く笑ってもらえました。
「ありがとうお姉ちゃん」

でもすぐにバッツやジタンに連れて行かれてしまって無言で殺気立つ姐さん。
空気読め・・・!!

デカいクジャ(笑)
サードなんかまるで別人ですからね。
いかなる時もブレない。
それがリーダークオリティです。

バッツやジタンが居なくなったら不安げな顔をされるのでしょう。
こんな時はガンブレードを見せて気を引くか・・・?「そんなちっちゃい子に武器なんか見せるんじゃないわよ!」
女の子に怒られました。

ありがとう!秩序のみんなと食べるのw
子供には抱えきれない量の果物にエクスデスが運ぶのを手伝ってくれました。
スゲー!!カオスの戦士に荷物持ちさせてるよ!!
沸き立つ秩序の聖域。

一時でもこんな連中の為に戦う事を誇りに思った自分が情けなくなるんだと。
でも元の世界に帰りたいとも思えない・・・。
思い悩むガブラス。

どうあってもうぼぁーな展開にしかなりません。
腹が立つので秩序の戦士達に八つ当りです皇帝。

手始めにカオス神殿の案内をしてくれるでしょう。
説明を聞きながら歩くガブラスが楽しそうでドキドキなガーさん。

なんて嫌な輪廻だ・・・!!
腹の底からウンザリするガーさん。
コスモスの戦士達を待っていられません。

ツルハシ担いだガーさん・・・
男前ですw

それでもお父さんの好物を入れるからお父さん懲りないんですよお嫁さん。
お嫁さんの甘さに眉が寄る一方そこが可愛いと萌えてしまう旦那さんも案外末期です。
印象としては和服なのですが実際は・・・。
お父さんやっぱり褌なんだ!!(大爆笑)

DdFFでは曇姐さんがサービス満点で驚きました。
ラグナだし騙されてるんじゃ・・・とつい疑ったへそ曲がりです。

ガブラス先生が貧乏くじなのはデフォですね。
サボっているクジャ先生を見掛けてガブラス先生は無言で圧力をかけるのだと。
嫌われるのも困るので小休憩を取っていただけだよとか適当な事を言って生徒を追いかける振りを・・・。
ジェクト先生は速いですね。
次々捕まえては主任の所へ投げて見たか俺の勇姿!!
ガブラス先生にアピールもガブラス先生も片っ端から捕まえている最中なので全然見ていませんでした。

思い切りギブ&テイクですコスモス先生とバッシュ先生。
本当に大事な思い出は絶対に誰にも教えません。
私とノアだけの秘密だものw

学校と言う名の秘密組織でしょう。
先生生徒達の身体能力が妙に高いのがその証です(笑)

地理とか詳しそうですバッシュ先生。
少し覗き込んでどうでも良くなっておやつだなんだと騒ぎ出すんですね。

もぞもぞと寝返りを打っただけで親子で萌えるのでしょう。
毛布に潜ってしまったらそーっと捲って鑑賞続行です。
「いっ・・・いいから早く風呂入って来いよ!」
「母さん寝てんだからでかい声出すなっつーの。」
息子の方が割と正論を言う率が高いと思います。

ネタバレになってしまって申し訳ないのですが「ノア」は12で母親が死んでからバッシュに再会(それもED間近)するまで誰も呼んでいないので多分ガブラスの中で特別なものなんだと思いまして。
息子は知らないでしょうね。
とーちゃんも絶対教えてくれません。
オレだけの特権だもんね~w
滅多に呼べないですけれども。

また来たミシア奥様!!
とーちゃん肝が冷えて冷えて落ち着きません。
「なんでお前そんなセクハラばっか受けて平気なんだよ!!」
「?」
それはお兄さんのスキンシップが過激だったからです。

ジタンもティーダに
「お兄さん・・・不思議な人ッスね」
と言われても何も言えません。
かなり言葉を選んでくれた事が分かる分涙が出そうです。


この調子なら離婚→ガブラスがフリーになる→公然とアタックが出来る・・・説も有りうると弟は内心ウッキウキです。
口では早く仲直りできると良いねなどと言いながら黒いです弟。


お嫁さんは気難しいのでどこまで調子に乗ったら良いものか毎度悩みます。
かといって恐る恐るだと逆に不興を買うのでどうしたものか・・・。

肉で溢れる鍋の隙間に意地で豆腐と野菜を押し込むお母さんの姿が・・・。
山盛りでも一時間と待たずに鍋は空になるのだと。
成長期の食欲は恐ろしいものがあります。


こうしてみたら赤ずきんちゃんも意外に可愛いものだと妖精さんの印象も変わりました。
オオカミさん頑張った・・・!!

なんだかんだ言って面倒見て貰えているのでそこで満足すれば良いのに黙っていないのが混沌です。
そのうちMに目覚めるでしょう。
ガブラスは別に自分がSだとは思っていないので途方に暮れるのだと。

コスモスお母さんはオオカミさんと娘がいつ進展するのか楽しみにしているとしかw

赤ずきんちゃん即答し過ぎです(笑)
思い切り首を振って拒絶するのですね。
「ノア、一緒に寝るかい?」
「ダメーーーーー!オオカミサン、アカズキンチャントネル!!」
「火を吹くな!!お前も余計な事を言うな!!」
赤ずきんちゃんが落ち着かないのでオオカミさんも落ち着きません。
いいから早く帰れっての。

元を糺すと要らん事言って面白がっている人が居るのですがオオカミさん赤ずきんちゃんで手一杯でそっちに気が回りません。

日記~。PageTop Zwillinge

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://gamecomic.blog27.fc2.com/tb.php/1024-81f779b9

プロフィール

高槻幽炎

Author:高槻幽炎
声フェチでオッサン好きのヘタレ。
ビバガブラスw

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

リンク
投票所
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。